書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)の「世界図絵」の「共時性」 翻訳は革命とかさなりあう実践でありうるのだろうか? 白石嘉治
孤立問題のメカニズムを解明――孤立不安に抗う上で、実証的な根拠に基づく実践的示唆を与える 松宮朝
脳と意識の仕組みを提示する――私たちは鍵体験なしには生きられない 佐藤愛
読みごたえがある力作――言葉、概念、意味から映像文化史における「アニメーション」を探求 須川亜紀子
作品と社会の関わりを引き出す――これからミステリーを手に取りたいという読者にとって新たな観点によるブックガイドとなりうる 横濱雄二
「混血児」と「日本人」との分断線を架橋する――戦後の教育実践をめぐる本格的な研究書――「混血児」の生存・教育・労働という視点から日本社会の現代的課題を問い直す 下地ローレンス吉孝
ベルンハルトの誕生――ベルンハルトの文体はしばしば「音楽的」と評されるが、彼の芸術家としての気質は実際のところ演奏家のそれに近い 金志成
詩は現実の生活と密に結びつく――ゲーテが体感した歴史、すなわち、詩の内側より眺められた「生の風景」 美留町義雄
歴史のなかの「個人」に光を当てる――「貿易商人王」の特異な性格 小平慧
言葉によって自己の人生を染め替えようとする意識――なぜ歌人・齋藤史は言葉を変えたのか 吉川宏志
アメリカの歴史が流れるように描かれている――有名無名含めた同時代人のいきいきした描写 木下朋子
「魔」の歴史的系譜をクリアに描き出す――視野の広い見取り図を示す労作 大田俊寛
日本考古学において極めて稀な真っ向からの理論対決――科学としての考古学と、人文学としての考古学の議論 松本直子
破滅的とも思える混乱のなかに残された希望の灯火――ウィリアム・ギャディスが二〇年越しで完成させた最高傑作 麻生享志
神も人も感動させた歌のなりたち――第六回古代歴史文化賞 決定記念 犬飼隆氏受賞記念講演 採録
「独立」と「多元性」――初の中国ドキュメンタリー映画に関する本格的な研究書 池上善彦
隠された秘教的叡智を顕在化させる思想的任務の奥義書――人智学の最重要課題である真の自己認識への道が示される 井藤元
抽斗のなかの俳人――言語学からシュルレアリスム、悪人正機からメルヘンまで、あらゆる知見を総動員して丁寧に西川徹郎の俳句を読み解こうとする 鈴木創士
「都出考古学」のエッセンス――現代を生きる考古学者のたたずまい 新庄孝幸
日本の戦前から戦後、そして現在という難所を象徴的に表わしている――“京浜”は東京と横浜を連結した言葉であるとともに、工業地帯の形成とも密接に関連していた 室沢毅








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約