書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「良き統治」とは何かという、あまりに切実な問い――政治世界での現在地を空間的にも歴史的にも確認するのに最良のガイドであるとともに、民主主義のあるべき形と方向性を指し示す貴重な伴走 鵜飼健史
いじめ死、指導死のすさまじさ――生き抜くことを考えよう 名取弘文
中世騎士道文学の英雄たちの世界――美術館と美術史のルーツをより深く理解するための魅力的な一次資料 足達薫
ブルデュー社会学における「二重の認識論的断絶」――丹念、周到、手堅い、のだが…… 桜井芳生
アトウッドの源泉あるいは秘密へ触れる――死者を召喚するためにサークルは描かれる 奥間埜乃
いま「世界文学」と向き合うために――粘り強い実践の結晶 松下隆志
老いを書くこと、読むこと、考えること――老いと若さ、衰退と前進、この二項対立を超えて我々が生きる時間を想像できないか 迫桂
五年後、十年後、読み返すべき入門書――次々と現れる江戸歌舞伎の興行慣習や、演劇史に関する記述はかなり高度 日置貴之
一字一句、一文一文の脈絡と飛躍を吟味し、さながら実況中継のように解説――「深読」は戯れでなく責任に行き着く 服部徹也
〈啓蒙〉・〈革命〉・〈共和国〉の単調な結び付きを批判的に検証――多様な革命像を浮かび上がらせる試み 山中聡
開発と文化をめぐる壮大な試論――開発でめざされるべき目標の設定と到達行程に関して、多様で移ろいやすい意見を誰がどのように調整・統合しうるのか等、メゾレベルで実践的に論点整理した続編を期待 池野旬
現代社会にとって「文化」とは何か?――根源的な問題を今なお私たちに突きつける、論争的な野心作 塚原史
新しい世界史の羅針盤――現代歴史学の「転回」とグローバル・ヒストリーの可能性 貴堂嘉之
エイリアンの目――従来と違うベクトルの空想力が、現実世界の不思議さをすくい取る装置として働いている 睦月都
当時の裁判記録から「判例法理」を導き出そうとする研究姿勢――果たして当時の役人たちは、著者の思考枠組で思考していたのだろうか 和仁かや
「政治的批判のポテンシャル」を備えた、アクチュアルでスリリング、精緻な文芸研究――クライスト作品を読もう、読み込もうとする者にとっては必携の参考書 眞鍋正紀
グローバルでトランスナショナルな視点からの分析――膨大な資料を収集し検証した、新たな日系アメリカ移民研究 尾上貴行
諸史資料を駆使し、事実の積み重ねからピウスツキの軌跡を編み上げる――ロシア占領下のポーランドの近代史とあまりに深く結びついたその生涯 百瀬響
もう若くない芸術家たちの肖像――芸術家の晩年における「ある種の意図的に非生産的な生産性」への、肯定的なまなざし 金志成
愉楽に満ちた旅の道のりを開示――広く確かな見識で多和田葉子文学の魅力を深く掘り起こしていく 谷口幸代








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約