書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


文学史におけるロマン主義の重要性とは何だろうか――ド・マン批評の方法論的変化の節目をなすテクスト 大河内昌
一人の兵士、あるいは作家の「敗北の哲学」――ガラス製の蜜蜂ロボットと対をなす戦場で駆った馬 糸瀬龍
歴史と幻影に出会う町、魅力的なキャラクターに満ちた町、メキシコDF――その過小評価への鬱憤を一気に晴らしてくれる 旦敬介
歌を基軸とした遊歩的な歴史叙述の方法――これからのアメリカとともに、私たちはどんな歌を歌うのだろうか 忠聡太
現代実在論の良い見取り図――新しい哲学の教科書であると同時に、教科書ではない 飯盛元章
戦後「東京」イメージの形成と変遷――テレビの持つ権力を具体的に明らかにする 山腰修三
不条理な世界を解体する――膨大な先行研究や学説を論理立てて整理しつつ丁寧に紹介 木川弘美
「秘められた熱狂」の美――これからを生きる次世代への不安感をともないつつ為されたエールであり、祈るような願い 森村泰昌
微笑みと傾聴の書物――ルソーとルソー主義を繰り返し読み直すことで、政治的近代を方向づけた狂気や逆説の特質を指し示す 田口卓臣
社会における技術の位置づけ――数多ある選択肢のうちのどれを選ぶのか、最終的な決定を担うのは人間の側でなければならない 樺山三英
アーティストに定年はない――「会話」が成立しない現代に、赤裸々な告白を読む 宮田徹也
「無名にして共同なる社会」という視線――戦前期から八〇年代初頭にかけての詩魂の地平は豊饒だった 久保隆
対話としてのマクルーハン理論――一見いいかげんにも見えるマクルーハンの記述戦略に彼の「哲学」を読み取り、彼がどのような時代に生き、何を読み、誰と語らいあったのかを描き出す 梅田拓也
戦中・戦後の文筆活動と“裏街道”の大宅壮一――取材姿勢に注目することで「戦争体験」と「戦後」の連続性を浮き彫りに 毛里裕一
ウェブ2.0以降の政治を焦点の一つに――現代社会の急激な変化を多角的に分析 山本泰三
日本での「イエナプランスクール」の構想・実現に向けて――人との出会いやつながりを広げていくことが、いま切実なことである 植田隆
レギュラシオン理論の到達点と展望――経済学や現代資本主義分析のテキスト 横田宏樹
美学の内包する政治性と歴史性――一八世紀イギリス思想の総体を美学というキーワードを軸に俯瞰しようとした開拓的・野心的な研究 中澤信彦
北国から沖縄に来た少女はまっすぐに現実を見る――平良いずみ監督『ちむぐりさ――菜の花の沖縄日記』 名取弘文
追悼 松井純 米田綱路








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約