書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


変化自在なソシオパスぶり――共感性の顕著な欠如、打算的で反社会的だが犯罪者ではない……ソシオパスはどのような生い立ちで、周囲の人間を操り利用するのか 宮川充司
イメージの「涜聖的倫理」の書――イメージとは、何者かによって不当に奪取され所有されている場合、死者たちの尊厳のために「返還」されるべきものだ 田中純
「風土」の立場からの警鐘と怒りの書――私たちの生活スタイルと近代的な発想に対する徹底した批判 星野勉
ポスト・ケインズ派の全体像を描く――理論の全体に関する網羅的かつ詳細な紹介と検討を行った、貴重な日本語文献 内藤敦之
ルービンの貨幣論がよみがえる――1920年代ソ連の政治経済学の水準を示す、読みごたえのある研究 梅澤直樹
神保町シアターが開館10周年特別企画 9月1日まで 神保町シアター支配人・佐藤菜穂子氏に聞く、神保町シアター開館10周年について
共謀罪成立後の社会を照らし出す――民衆の行動を抑圧するリアル チャイタニヤ・タームハネー監督『裁き』 小野沢稔彦
2017上半期読書アンケート2 山本圭、布野修司、石原千秋、船戸満之、笠井潔、三浦哲哉、新城郁夫、川崎浹、佐藤泉、上田岳弘、松本卓也、瀬名秀明、天野知香、大野秀樹、崎山政毅、中村邦生、巽孝之、石原俊、大野光明、海妻径子、金平茂紀、倉田徹、中村隆之、吉川浩満、澤田直
二度目は「茶番」か「惨劇」か――この世界の未来はどこにあるのか 対談 西谷修×木下ちがや
2017年読書アンケート 岡和田晃、鈴木一誌、金子勝、井川博年、安田敏朗、郷原宏、森元斎、古賀徹、川村邦光、加藤一夫、大澤聡、荒川洋治、細見和之、坂野徹、柏木博、中金聡、阿木津英、小倉英敬、小倉孝誠、松永美穂、四方田犬彦、天笠啓祐、小森健太朗、野上暁、塚原史、鶴見太郎、竹中佳彦、青木孝平、上村忠男、高橋敏夫、飯城勇三、川本隆史、小松美彦
明治の若者のイタリアでの躍動――日伊交流史の新たな一ページ 平石典子
真に目指すべき研究の姿を提示――『堤中納言物語』の読解とは、綱渡りの連続なのだ 辛島正雄
誰も彼もが切岸で固有の生を踊る――いわば諏訪哲史版文体博覧見本市 大和志保
日本よりも韓国のホスピスの方が宗教的、スピリチュアル的要素が大きい――ホスピスの医療化によるデメリット 大野秀樹
ダブリンというトポスの魅力・魔力――全18章、22名の個性豊かな世界が展開 真鍋晶子
「感情労働」とは何かを理解したところから、ストレス対策は始まる――感情労働は特別なカテゴリーにあるわけではない 山井悟
自由な発想で「文化」を考えるアナログ思考――歴史的な視野で人々の表象・言説・実践を「遠近法」で把握する試み 鈴木正崇
見事な美的世界へと誘ってくれる――感性は開いて拡張すべきなのだ 室沢毅
同時代作家たちの共時的影響――50年以上の時を経てこの度初邦訳 木原誠
迫害の時代背景のもと、綺羅星のように輝く「魂深き人びと」――ベンヤミンの収集や異端カタリ派の所有の否定など、原理主義的な清貧運動を鮮やかに描く 田島照久








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約