書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「自己」というものをどう捉えるかということに、様々な問題を解きほぐす所在がある――「釈迦の思想」の核心とはなにか 村木哲
現象学・分析哲学・経験科学――方法論的トリアーデ構築の試み 長滝祥司
〈狂気〉をどう語るのか?――ダダイスト新吉再び 大川内夏樹
〈全身性的マイノリティ〉の誕生――肥後弁の共鳴箱に耳を傾けよう 鈴村和成
「芸術の終焉」後の状況下で掲げるべき歴史=物語から自由な多元主義の原理――現代美学を代表する論者のひとり、ダントーの思索の縮図ともいうべき書 村上龍
現実とイメージのズレから生まれる「スペクタクル」――「科学者の網膜」が写し出す、写真のもう一つの系譜 橋本一径
研辰の見事な系譜化――『野田版 研辰の討たれ』に捧げられたオマージュ 松浦恆雄
ことばがふるさと――日本語を愛してやまない著者の季語による精神史としても読める 三浦衛
知られざる現在のチベットの現状を明らかに――政治・外交面の隠された真実が詳細に公開されている 金子民雄
世界各地の多彩な神話をとらえる視座を提示――神話学研究への恰好の入門書 細田あや子
彼らがどのように「寺山修司」・「遠藤周作」になっていったか――模倣と創造の境界の解明に向かっていく 甘露純規
俳人による俳人のための読み応えある句評集――長く主宰に師事した者でなければ書けない力ある一書 浅沼璞
緻密にして大胆な迫真の言語演戯――その若き日への追懐とともに 中村邦生
無関心から差別がはじまる――ひとりの医師が生涯をかけて取り組んだ病を通じ、日本という国の歩んできた一世紀が思い浮かぶ不思議な本 増田幸弘
芸術表現の枠組みと美術という制度を問い直す、拡張された意識――東京都写真美術館「エクスパンデッド・シネマ再考」展(10月15日まで) 馬定延
今も生き続ける今泉省彦の思想――民主主義の名を借りて民主主義の成立を不可能にした今日までの動向を、我々は振り返るべきである 宮田徹也
「教育」ではなく、「教えること」を論じる――哲学的な教育論であるが読みやすい一書 吉岡栄一
家族とはなにか、生きていくこととはなにか――「居住」という位相における貧困 宗近藤生
優れたリーダーは一〇万人に一人もいない――大きな決断を迫られたとき、最終的な判断は翌日まで待つ 大野秀樹
七〇年代キッズ必読!――「オカルトの巨人」の実像を描く評伝 初見健一








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約