書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ジョン・ロールズの政治哲学の全体像を描き出す――今後の研究の基準点となる書 魚躬正明
それでも人は歌を求めている――あくまで歌う側、ものを創り出す側に丁寧に寄り添っている 平井玄
「完全円」こそ「人間」なのだ――子供たちのことを考えると同時に自らを見詰め直す作業にまで行き着ければ 宮田徹也
イギリス植民地時代のインド社会を塩に焦点を当てつつ描く――本格的かつ意欲的な経済史研究の書 今田秀作
原住民族の近現代史を、「原住民の視点」から明らかに――文字をもたないタイヤル族の口承、伝承を文献として扱う 下村作次郎
カンボジアのムスリム住民、チャム人の激動の歴史と現在を描く――チャム人の現状や活動をまとまった形で報告する、日本で初めての書 遠藤正之
骨肉街道めぐり――「詩と哲学のあいだ」をめぐるライフワーク 高貝弘也
どうにか自由であろうとした人々が残した光跡を再生する――ロジャー・パルバース監督『星砂物語』 宮崎悠
現実よりも現実らしいソ連SF史――徹頭徹尾デタラメかというと、そうではない 松下隆志
ヨーロッパ統合の立役者の一人、アレクサンドル・コジェーヴの思想の現代的意味を探究――哲学者にして政治的な実践者であるコジェーヴのユニークなあり方の原理的解明の書 堅田研一
イギリス美術史の新たな可能性と奥深さ――肉体性についての意味を探求 宮下規久朗
近代における放浪・廻遊に、現在の私たちの暮らしの自明性を根源的に問い質す可能性がある――「日本人」を確定しその暮らしのかたちを規定していく、「日本の近代」を問う 重信幸彦
人神祭祀の問題をより広い地平へと位置づけなおす――これまでの民俗学に支配的なパラダイムへの批判にまで及ぶ射程をもつ力作 矢野敬一
民衆を教化して公共の役に立つ文学――『ペルシャ人の手紙』に想を得た「モロッコ人の手紙」/ロマン主義の先駆け「鬱夜」 竹村文彦
ポー批評の現在地――多面的なポー文学の魅力を見事に描出した刺激的な著作 福島祥一郎
本物だけが持つ品格――文学研究者としての加藤の軸足は、一瞬たりともぶれることはない 圓月勝博
物語論を成熟させる――物語論の操作概念を検討し、新たな訳語を与え理解しやすくしようとしている 西田谷洋
ミルハウザーの魔法に感染する――複雑怪奇な男女の心理を通して人間の心を描ききった、極上の三つの中篇小説 大津祥子
信仰という情念の不可思議さに迫る――宗教テクストの精緻な読解によって、日本精神史の一側面をえがいた著作 西海賢二
熊野学の先駆者としての業績に触れる――文学研究は「あたりまえのこと」に立ち戻るべきだ 尾西康充








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約