書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


子どもでもわかる、実にユニークな絵本――不世出の吟遊詩人で劇作家、ガルシア・ロルカの生涯 川成洋
「静止の刻」へ――「放浪学生(ヴァガンテース)」としてわれわれのもとに帰還する「イマジナリー」 白石嘉治
「決まりきった日常」のなかで忘れてしまった心の自由――アメリカ・ポストモダニズム作家の旗手の卒業式スピーチを掘り起こす 麻生享志
昭和史を彩った人たち――誰かに伝えたい、この瞬間を残したい、という「一枚」に込めた気持ちは今でも同じだろう 篠原知存
治療と理解という二つの方向性のあいだで葛藤した分析家の内面を詳しくたどる――日本におけるフェレンツィ研究の第一人者が書き下ろした評伝 北村隆人
政治の根源への問い――「寛大なリベラリズム」に抗して 竹島博之
シェンカー分析がなぜに脱構築的営為の対象になるのか――シェンカーは楽曲との対話を通して、彼自身の概念と表現を発見していった 藤田茂
旅と探求は終わらない――本屋と書店員を描く、多様な性格と大きな魅力を持つ書 大矢靖之
言葉と声が、ひとつの直接性を持って思想の深遠さを伝えてくれる――黒田はあくまでも孤立の闘いを続けてきた 植田隆
自殺対策基本法成立までの社会情勢などを丁寧に解説――自殺対策を振り返り、今後を展望していくうえでの指針を与える書 岡本洋子
希望としての「原発文学史」――営々と続けられてきた原発文学の歴史を一つ一つ復元し、その意義を確認 田村景子
聖と俗の分離と邂逅、さらにその逆転――太初から、人間はいつも「聖」なるものと同伴して生きてきた 木下長宏
「今」、言語表現の力を問う――広い視野と深い考察、そして豊かな共鳴が、共著であるがゆえに実現している 原田範行
「当たり前の世界」を激震させる人類学――これは相当に危険な読書である 石倉敏明
親密な友のあいだでやりとりされた、忘れ得ない言葉――誰かのためになることから解放された、自分のための文章 中村隆之
「深く根を張る“琉球魂”の健在」を漂わせている百二人の像――琉球・沖縄の「現在」は、まぎれもなくわが列島の「現在」である 久保隆
人はいかに過労自死に至るか、その原因を探究する――過労自死という主題には、過労の社会的背景が、過労死以上に鮮明に映し出されている 阪本俊生
3・11以降を生きる我々が考究し引き受けねばならない「世代間倫理」――ハンス・ヨナスの思想全体を理解する手がかりを与えてくれる書 木村史人
人形とは何か、つまり人間とは何か――人形の三角錐 志賀信夫
人間を映し出す「鏡」としての人間学――本書全体を貫く、穏やかながらも強かな人間学者たちの決意表明 奥田太郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約