書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


さまざまな切り口でプルーストの魅力を語る――本書を美しい日本語で読めるのはまさしく幸いというほかない 高遠弘美
私小説ともいえる、作者第五小説集――挿画・装丁・題名と、手にしてみたくなる本 三輪正道
美術史、木版画史から閑却されてはならない――カラー図版は一五七二図が一八〇頁にわたって収録 村木哲
小さな出来事に絶えず視線を向け続ける――峯澤典子の詩世界は、ひとつの達成へと向かっている 皆川勤
二十世紀演劇の二人の巨人の影響――昨今では珍しいダイナミックな論への試み 高橋宏幸
美しく、心に残る小説集――「人間っていいものだな」という素直な感動がこみあげてきた 尾形明子
レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿に観るミクロコスモスとしての人体研究――自然と人間に対する畏敬の念に溢れたレオナルドの姿を描き出す 平野葉一
沈黙を打破せよ――戦後日本最大の殺人事件における「多弁な差別」と「口ごもる反差別」 柳原伸洋
子ども時代の遠い夢を思い出させてくれる――創作・評論を一冊にまとめた、ユニークな試み 光原百合
もうひとつの『アラバマ物語』――アメリカとアメリカ文学を知るための重要な一冊 山木洸二
宮内悠介にとってアメリカとは何か?――ジャンルを横断しつつ書き続ける作家の根源 海老原豊
大統領=議会関係の計量分析と事例分析――日本のアメリカ政治研究の一つの到達点 久保浩樹
オレンジとバカにされている偉そうなジジイのアポカリプスとともに、アメリカのいたるところは主の到来を待ち望む人たちによって埋め尽くされようとしている 篠原雅武
個性ゆたかな馬琴論――蓮實・柄谷らの80年代精神史を知る一冊 助川幸逸郎
監視統制社会に至るテロ等準備罪の内実――拡大解釈の危険性に警鐘を鳴らす緊急出版 新庄孝幸
マルクス派の本格的な現代社会論――わかりやすい言葉で語る、水で薄めない入門書 中村勝己
客観性を確保するための苦闘――折口の学問の核を丁寧に検証し、鮮やかに見せる 上野誠
現代の実験小説をわかりやすい語り口で紹介――知識の幅を広げるだけでも世界は豊かになる 麻生享志
「他者」は「自己」の反照か鏡像のように在る――レヴィナス、親鸞、宇野弘蔵の思想表現を横断させる試み 久保隆
中国の北方の片隅に展開する物語――果たしてこんな村が実在したのかという思いにかられる 立松昇一








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約