書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「水俣学」のひとつの到達点を記す一冊――社会学・民俗学の「モノグラフ」手法と医学・保健学の「ジェノグラム」手法の合わせ技で、患者が体現する実態としての水俣病に迫る 関礼子
開かれた共同性を形成していくことが切実――一号に比べてさらに重厚な一冊になった 久保隆
「同性愛」表象の変遷に迫る――近現代日本の同性愛文学の特徴を知る手がかりとして、手に取ってみて欲しい 武内佳代
問題はそれほど小さなものだったのだろうか?――「地域アート」という視点に応答するものとして 杉田敦
物語は別世界ではない、「おとなりの世界」から吹く風なのだ――少年トムは、はたして月のケーキを食べたのか? 食べたらどうなるのか? 寺田操
「学問としての翻訳」を日本に探り出そうとする試み――数多くのインタビューを通じて当時の風潮や裏話を掘りおこしている点は興味深い 秋草俊一郎
あらゆる読者との出会いのために書かれた美しい手紙――外国文化を知ることは、他者の文化や歴史を理解しようと努めることだ 鴻野わか菜
連続の只中に見いだされた断絶――「ホワイトヘッドの世紀」のために 星野太
屈辱を屈辱と感じることのできる怒りを取り戻せ――マルクスの『資本論』を手引きに現代のグローバル資本主義の姿を分析 中村勝己
人々の縄文への関心の高まりを文化史的スパンで捉える――今、「縄文」をめぐって何が起きているのかを知るにはうってつけの書 石井匠
AIを考察しながら、その奥に人間を探らなければならない――専門書かと疑うほどに読みやすい 宮田徹也
「戦後初」となる会沢正志斎の研究書――貴重な原本類にあたって会沢における思想的構造を明らかにしようとした本書は、会沢研究のみならず、幕末思想研究において一つの指標となる 桐原健真
多元的放送空間の実相――数少ない資料から満洲国ラジオ放送を再現しようとした挑戦的な研究 白戸健一郎
戦争と革命の二重の敗北による文学の深層――忘却の暗渠に切り込む二十世紀日本の「廃墟」と「原罪」とは何か 太田代志朗
メディアや出版の罪は重い――ミステリーに近い感覚で引き込まれ、時代を翻弄してきた小池百合子の姿が浮き上がってくる 増田幸弘
騎士と宗教――西洋理想道徳の萌芽と形成 長谷川千春
人と人との関係には、様々な通路がある――ポエジーに満ちた物語集 村木哲
エゴ(利己主義)とはちがう、他の自我(もう一つの私)を通して初めて自らを実現しうるエゴ(私)――フォイエルバッハの会の創立三〇周年をへて、新たなスタートとなる研究 石塚正英
「巨人」の一世紀になんなんとする生涯を明らかに――本書に描かれた俊成は、驚くほど立体的で明確な像を結んでいる 渡邉裕美子
「積読」とは本による情報のビオトープだ――じぶんはいまなにをテーマにして積読をしているのか 木村洋平








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約