書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


甘いサトウキビ、苦い郷愁――根底にあるのは、おばあちゃんへの愛と感謝なのだ 永田千奈
日本思想史からいかなる日本文明像を描き出し、人類文明論を構想するか――梅原猛を追悼するとともに、水野雄司『村岡典嗣』刊行の意義を論ず 川久保剛
〈悲〉の接触・変性と〈空〉=ケノーシスの可能性と――大乗仏教とユダヤ=キリスト教神学を架橋できるか 稲賀繁美
映画学やカルチュラル・スタディーズの分野で必読の一冊――人種・民族表象を多文化主義の視点から丹念に分解し、考究する 久保豊
対話を「聴くように読んだ」漱石の作品論――今まで恣意的な解釈や予断が加えられがちであった漱石論に対し、客観的な資料を供する基礎研究としても貴重 古山和男
歴史や文学、政治の舞台となった地方都市から、名も知れぬ寒村まで――イギリスの田園地方の魅力は、そこに暮らす人びとの営み自体にある 川成洋
テプフェール作品の意義と魅力――視野狭窄に陥らずに世界的視野からマンガというメディアを捉え直す 古永真一
近世書肆の古本業務を語る――通時的な日本の書物史・本屋史への試み 大高洋司
「言葉で支える思想面」でのドイツ受容の役割をとらえる――日本独自の近代美術の歴史に切り込む論考 安松みゆき
十四世紀ロシアの地に聖なる詩片を投げ込む――まるでロシア人によるロシアの古典物語のようだ 井出彰
沖縄の朝鮮人を歴史的主体に――いかに可視化/不可視化され、「語られ」、「語った」のか 松田ヒロ子
版画を通して現実を掴み取れ――百人百様のあらゆる人間を驚愕させる星野美智子の作品 宮田徹也
死と生の逆転――私たちはなぜ感動するのか 志賀信夫
「明治一五〇年」を検証する政治権力のありようを批判的に検証した近現代史の試み――真摯な内省を含む新たな歴史学の役割と可能性を徹底的に考え、社会に問う、今後に向かう道の分岐点 奈良勝司
「大麻の基礎知識」を広範な範囲で詳細に解説――非常に冷静に事の本質を見ようとしている 室沢毅
エイサーはどこからきて、どこへ行くのか――現地での聞き書きと参与観察を基にした、この「謎解き」を展開 森田真也
加納実紀代著『「銃後史」をあるく』『新装版 女たちの〈銃後〉 増補新版』を読む 米田綱路
二一世紀は微生物学の世紀だ――微生物は地球上の生物のほとんどと共生関係にある、仲間だ 大野秀樹
藤間生大の歴史学を日本近代史学史に位置づける――彼が歴史学に籠めた熱い情熱が、本書を介して若い歴史学徒に継承されることを祈る 小嶋茂稔
諏訪信仰を諏訪以外との連関で論じ――諏訪地域だけでなく域外にも目を向け、諏訪信仰に係る多様な事象を研究対象に 石川俊介








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約