書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


批判的人種理論と表現の自由の原理論を柱に――ヘイト・クライムを憲法学から論じる 藤井正希
七四年間のソ連邦史は、何をもたらしたのか?――歴史をより複合的に、重層的に把握しなくてはならないと気づかされる 村岡到
愛と希望に生きた生涯――鈴村ワールドが一望できる仕掛けになっている 鎌田慧
昼下がりの鰻屋で一人食べながら読みたい――「ウナギ」が日本人にとってどれほどの「ご馳走」なのか 石塚修
「共謀罪」法案に映し見る、横浜事件の記憶――私たちが横浜事件の犠牲者の立場になりうる日は遠くない。いまこそ読まれるべき権力犯罪の記録 新庄孝幸
光学メカニズムがいかに人類の絵画制作に影響を与えてきたか――専門性はけっして低くはないが、語り口はやさしくわかりやすい 高島直之
ラカン派精神分析の縦横無尽な展望――デカルトから「フィルター・バブル」まで 松山航平
原爆の開発と投下決定の過程を徹底的に検証する――遡及的姿勢を排除し、膨大な一次資料と先行研究を丁寧に分析 中沢志保
人生は、出会いと別れに満ちている――「コジオタ」ノートは、いくつもの三浦佑之をのせて 柴佳世乃
アメリカン・インディアンの異議申し立て――これは過去の物語ではない 佐藤円
逆境に慣れる――セネカ『人生の短さについて』を二五年ぶりに読んで気づかされたこと 篠原雅武
しなやかな笑いが個をつなぐ――フランスの黒人道化師「ショコラ」を追う 太田悠介
「無国籍作家」とは異なる側面――安部公房の国家言説の独自性とその軌跡を鮮やかに示す 中野和典
日露戦争への国民の関心の高さがうかがえる――貴重な号外資料 竹内栄美子
一流の作曲家と詩人による共同作業を読み解く――後期シュトラウスの芸術に親しむための絶好の入口 山崎太郎
世界の絨毯の文化史を俯瞰的に考察した大著――188枚の美しいカラー図版と167枚の挿図と共に展開 ヤマンラール水野美奈子
壮大な思考実験――「快楽の社交主義」は「新しい社会主義」を意味する 植田隆
精巧な学術書にして魅惑の文学書――個々の作家の思想及び表現の特質と、その時代的位相を浮かびあがらせていく 鈴木啓子
“いち、に、さんすう ときあかしましょうがっこう”シリーズ(くもん出版)第三巻刊行 編集部
人はなぜ、どのようにして過激化するのか――若者の経験を理解する社会学 浪岡新太郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約