書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「被虐」の傷に苦しむ人たち――心の傷を抱えてしまった人たちは、どうやって生きたらいいのか 篠原雅武
ガラパゴス諸島のダーウィンフィンチから生物の多様性を解明する――グラント夫妻による環境変化に応答した自然淘汰による急速な進化の実証 大野秀樹
随所に小説的面白さをのぞかせる貴重な歴史の証言――知識としては理解している「戦争」が立体的な実在感をもって描き出される 掛野剛史
一般大衆、軍部、官僚が自発的に相互連携――多角的な視点でプロパガンダの実相を浮き彫りにする 里見脩
フィリップ・スクラントン/パトリック・フリダンソン著『経営史の再構想』(蒼天社出版)刊行に寄せて 橘川武郎、小田中直樹、鈴木俊夫、黒澤隆文
法の幻想を看破せよ――共謀罪が施行されれば、数多くの志布志事件が捏造される 宗近藤生
谷崎研究の可能性を広げる――若手の論者の関心のありかを示す重い一冊 尾高修也
デーブリーンの小説が持つアクチュアリティ――展開される作品論の手法の緻密さ、丁寧さは、まさに文学研究の鑑 吉田千裕
近世から近代の書物の出版と流通を核に、多様な動向を追究――知的好奇心の連鎖反応を引き起こす、充実した一書 木越俊介
まだ見ぬ姿の啄木像を示す――地道な、そして真摯な検証によって論を構成している 安元隆子
囚われのない世界への憧憬――なぜ陳舜臣は李白に共感を持ち続けたのか 稲畑耕一郎
「知識人」の切り口から内村鑑三の思想を描く――「内村を世俗社会史に明け渡す」比較思想研究 岩野祐介
異文化の坩堝で織られたつづれおり――身体表現というものの見方を変える旅 志賀信夫
人間の心の芯に巣くう死という虫は、想像以上に日常生活のパフォーマンスに影響する――文化的世界観と自尊心は死の恐怖を管理するのに役立つ 大野秀樹
言葉や思想の力を再確認すべき――ギリシャ哲学からポスト構造主義まで 大日方公男
「女子力」とは別の仕方で……――自由と文学と女性 片岡大右
〈憧憬〉という思考様式に着目――高山樗牛と姉崎嘲風の思想を近代日本の思想史に位置づける 林正子
すべてのチャップリンファンに、映画を愛する人に、読んでほしい一冊――チャップリンは小説家としても紛れもなく一流であった 山木洸二
民主的な「社会」において関係性をかたちづくるために――本書が論及する問題は「民主主義」とはなにかということ 植田隆
国と文化と作家とが同時に生まれる現場を証言する、浩瀚な伝記――イデオロギーや難解な批評理論以前の、文学研究の素をあきらかにする 髙尾直知








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約