書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


欧米の哲学者の理論を根拠に知的財産制度を擁護する――知的財産権の価値をどう画定するか。中層的原理を詳細に検討 藤野仁三
アルフレッド・シュッツ研究のバイブル――丹念な翻訳が果たしてくれる基本知識の共有 森元孝
価値観のあり方を根本から問い直す「ジェンダーの視点」――変わりゆく女性の意識のありようを浮かび上がらせる 小林美香
“無援の方法”の閃光灯――ヘテロトピア的批評の可能性の具体的な結実、その到達点を示す 師玉真理
「人間の暮し」にとって大事なのは、関係性をかたちづくっていくこと――数多くの人たちの顔写真とともにエピソードを綴った写真エッセイ集 植田隆
当事者の多種多様な言葉を聞く――初学者に向けた文献リストや調査ガイドも掲載 玉井建也
体系に内在する特質を「発見」する――「ループ」という営為を分析哲学の枠組みから読み解く 小池隆太
ポーランド人ならだれもが知る文学の古典――作品世界にふさわしい重厚な翻訳 小椋彩
国民国家を統合に向かわしめるための習俗的規範や憲法制定権力としての民意の分析に一石を投じる――スメントの「統合」理論の現代的意義を改めて問う書 古屋等
詩と小説の幸福な出会いの渦――読者は自由であっていい 松尾真由美
問題の「焔」は読後も長くわれわれの裡で燃えさかる――SF的あるいは幻想的な手法が駆使されつつ物語の肉付けがされる 伊藤氏貴
日米地位協定の原点・現点・原理の再考のすすめ――思考停止からの脱却を 河上暁弘
ある特定の代表を「適切」と見做す基準はどこか――この問いに真正面から挑戦する――政治家や行政官に「代表」の定義を委ねてはならず、思考を鍛えなければならない。本書はその最良のテキスト 苅谷千尋
「国会内」と「国会外」の二つの民主主義の相克――カウンター・デモクラシーへの注目が政治学の刷新につながる可能性を示唆する 田村哲樹
地に足をつけない探検の書――「空にあいた穴のむこう」をのぞきみる 田村容子
「制憲」思想史という視座から戦時と戦後の「国制」を構造的に解析――憲法秩序そのものをラジカルに捉えようと試みる 佐藤太久磨
秩序を志向しつつ相対化し続ける、すぐれてダイナミックな憲法パトリオティズムの概念――目下の思想的状況に「新たな始まり」を画する知的営みへの誘い 馬原潤二
怒りを力にする知――政治の創出を疎外することに無自覚な投票の呼びかけには、私はのらない 阿部小涼
不意に立ち上がってくる記憶、リアルな断片の数々――「外出」すると、思いがけない出来事と遭遇するものだ 寺田操
群盲よ、象を撫でろ!――この本は皮肉にも、読者に日本という国の在り方を見つめ、問い直す機会を生むだろう 渡邊未帆








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約