書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


人文・社会諸科学の「統一性」を呼び戻すために――「社会学的想像力」の回復を志向するライールの呼びかけ 鈴木智之
ロシアの劇場、演劇大学、演劇学校の歴史を詳しく紹介――ロシア演劇について知るべきことの多くが網羅されている貴重な一冊 安達紀子
“七月の精”から“かぐや姫”へ――この上なくかっこいい女性の成長物語 中山文
生活と芸術と学問が共振する美の可能性――異形たちは美しく、妖しく、怪しい 飯倉義之
終末や死への憧憬が不条理な生への回帰に転換――作家の想像力が宇宙に飛翔した「氷三部作」完結 岩本和久
正しい思想はどれだけ歴史が圧殺しても、時代を越えて花開く――相楽総三の少年時代から最期まで丹念に描いている 末國善己
英文学研究と「他なるもの」との対話――本格的な学術書であると同時に、いい意味で文学批評をはみ出した構成と内容 藤井光
「文化振興」に矮小化される「アイヌ政策」を批判――表象と政治のねじれた関係を解きほぐす 岡和田晃
科学との協働に取り組む新たな哲学研究の全容を伝える――日本語による初めての論考集 近藤智彦
イギリス都市史の全体史を描く――現代的含意を有する貴重な学術貢献 唐澤達之
シリーズ前作より更に大胆な境地に踏み込んだ野心作――最後に導き出される真相は、読者の多くを驚かせることは間違いない 千街晶之
戦争を支持する「正しさ」にあえて分け入る――著者・画家・編集者が一体となって「戦争に負けない」状況に向き合った 福間良明
日本近代史の突破口を模索――歴史事象の「証明」と“流れ”を意識した物語への挑戦と「歴史の皮肉」もふんだんに散りばめた秀逸の語り口 澤村修治
チェルノブイリ原発事故から三〇年、嘘という「敵」との闘いの記録――福島第一原発事故以後の生活哲学を示唆する一冊 室生孝徳
自主と自律を追求するメディアのあり方を展望する――自己規制の問題を俎上にのせ、その病根を体系的に探り出した実践的研究 桜井裕三
沖縄人民が抗いつづけてきた歴史とその様相をふりかえる――「琉球処分」は明治近代天皇制国家が最初に行った侵略行為だ 宗近藤生
「主権者」であることの矜恃――著者が生きてきた証しとなってきた小新聞『野火』の一面記事セレクション 室沢毅
自分自身の足元を掘るというフェミニズム実践の原点に立ち返る――最新の理論研究で不可視化されていることを丁寧に拾い、パッチワークのようにつなぎあわせて全体像を浮上させる 佐藤靜
東アジアの実践的思想――「現場」に即しつつ実践と思想を展開しようとする一つの態度 鈴木将久
文化研究の新たな可能性を構想――掲げるための結論を求めてではなく、考えるヒントのために読むべき二冊 佐藤健二








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約