書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


H・G・ウェルズの作品を通してみる世紀末イギリスの諸相――〈観察〉という視点から考察 小澤正人
インディペンデント映画から問い直す映画産業の現在――映画研究の地平を広げた労作 キムソンミン(金成[王へんに文])
都市に美術が介在できる――どの作品も、それこそ森の妖精のようにさまざまな現れ方をして、街にとけこんでいる 中川素子
一つの矜持のような言葉――まさしく、「働くことの根幹」がそこにはある 植田隆
世界第七位の高峰の麓を歩く、ダウラギリ・サーキット・トレッキングの魅力――高山病にバウムクーヘンが救世主だった 大野秀樹
「自己」というものをどう捉えるかということに、様々な問題を解きほぐす所在がある――「釈迦の思想」の核心とはなにか 村木哲
逆転と変身――未来=過去から飛んでくる声 「野戦之月」2017の秋(9月14日~18日)公演「クオキイラミの飛礫――ワタシヲスクエ!」 丸川哲史
著者の発想を単なる仮想と片付けず、ここから新しい発見をする必要がある――「芸術が出来ること」を重要視する発想 宮田徹也
大切なのは分析ではなく「超観」すること――あらゆる角度から読み解くことのできる大著 立原透耶
現象学・分析哲学・経験科学――方法論的トリアーデ構築の試み 長滝祥司
〈全身性的マイノリティ〉の誕生――肥後弁の共鳴箱に耳を傾けよう 鈴村和成
〈狂気〉をどう語るのか?――ダダイスト新吉再び 大川内夏樹
ことばがふるさと――日本語を愛してやまない著者の季語による精神史としても読める 三浦衛
知られざる現在のチベットの現状を明らかに――政治・外交面の隠された真実が詳細に公開されている 金子民雄
「芸術の終焉」後の状況下で掲げるべき歴史=物語から自由な多元主義の原理――現代美学を代表する論者のひとり、ダントーの思索の縮図ともいうべき書 村上龍
彼らがどのように「寺山修司」・「遠藤周作」になっていったか――模倣と創造の境界の解明に向かっていく 甘露純規
現実とイメージのズレから生まれる「スペクタクル」――「科学者の網膜」が写し出す、写真のもう一つの系譜 橋本一径
研辰の見事な系譜化――『野田版 研辰の討たれ』に捧げられたオマージュ 松浦恆雄
世界各地の多彩な神話をとらえる視座を提示――神話学研究への恰好の入門書 細田あや子
俳人による俳人のための読み応えある句評集――長く主宰に師事した者でなければ書けない力ある一書 浅沼璞








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約