書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


自らの適性を見極めて着実に歩みを進めていた時期――作家の歩みに付き添う端正な文章は説得的であり、心地よい 倉方健作
ミルの現代性、将来を見通す思考力に目を見張る――経済成長至上主義批判である「停止状態」=定常状態論を検討 阪上孝
「ECDは伝説になる」異議なし! 山崎春美
詩を書くことと〈女性性〉とはどのように交錯しているのだろうか――自身の詩に込める思いと重ね合わせるように丹念にたどっていく 皆川燈
小説における声の力が実感できる――南北戦争における女性兵士たちの歴史を掘り起こし、彼女たちの体験に声を与えて今に生き返らせる物語 大工原彩
若い時の経験があればこそ、記憶というものは現在時における膂力の源泉となっていく――じつは「団塊」以上に「店仕舞い」という言葉に躊躇せざるをえない 村木哲
ネコは地球の小さな征服者――ネコという動物は人間のおもちゃではなく、戦略と物語をもった力強い生きものとして理解することが重要だ 大野秀樹
組織の「偉業」の秘密を探る――報酬を超えたところに存在する、物事を達成する喜びを思い起こさせてくれる一冊 滝野沢友理
「世界」を震撼させることの可能性を見通す――吉本思想の深遠へ、さらに深奥へと論及 久保隆
女性思想の境界横断的な遺産相続のために――証言はどのようにみずからを思考するのか。思考はどのようにみずからを証言するのか 鵜飼哲
被爆体験者でなければ語れない貴重な言葉――原爆は二十一世紀に入っても、依然「怪物」であり続けている 植田隆
「心で話す」電話――生と死は表裏のものであり、繋がりのなかにある 山井悟
近代天皇制国家の壮大な「パロディ」――二人の「進撃する巨人」 川瀬貴也
論理と価値判断のおそるべき一貫性――「表層」の価値転換を図ろうとする独自の問題提起が為されている 暮沢剛巳
議論の経緯の「資料集」として書棚に置いておくべき良書――ヨーロッパ、特にドイツ系生命倫理に頁を割いている 塚田敬義
天皇の即位灌頂の実態と思想を跡付ける――その仏教的論理を丹念に説明した力作 加茂正典
ものがたりはまだ終わっていない――郷愁の彼方に、闘いの未来をみたい 鈴木義昭
チェコの裏表を凝視し結実した美しさ――画家ならではの目線で「プラハの春」を観察する 増田幸弘
「トランプ以後」の表現の自由 対談 明戸隆浩×志田陽子
民衆運動の理想的なかたち――「希望を探り当て」ることこそ、これから先へ進む契機 皆川勤








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約