書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


現代人にとって死語に等しい「さとり」の思想を、複眼的な視点で見事に解きほぐす――道元や一遍との出会いの書であり、日本文化史の教書 上田薫
主客二元論でがんじがらめになった私たちを新たな理解へと導く――アフォーダンス理論を発展させ、近代文明の閉塞を突破する道を拓く 川村久美子
「表舞台」から遠く離れて――文芸評論家にして編集者、大学教員などの多面的な顔を持つ知識人・唐木順三の評伝 山崎行太郎
言葉による像が、雲知桃天使像の有様をさらに際立たせている――雲知桃天使像千体の作品集であるとともに、詩・俳句作品集でもある 久保隆
後戻りできない分水嶺としての「ゴー・ストップ事件」――天皇国家を護持するための治安維持に奔走する警察は、軍と補完的な意味合いをもって戦争の時代を突き進んでいった 植田隆
「鳥の目」「虫の目」「魚の目」を記述の中に織り込む――パレスチナ人、ユダヤ人双方の無名の住民たちが抱いた共存への希望と絶望 田原牧
民主主義の不全には、民主主義のいっそうの深化によって応答すべき――象徴界がつねに抱える欠如を組みこみ、制度化する処方箋を示す 有賀誠
絶望に抗うことから始めなければならない――社会のあらゆる領域に浸透する新自由主義の合理性に光をあて、それぞれの領域に市場の論理が貫徹されていくさまを浮かび上がらせる 向山恭一
巨大な脅威を理由とする誤った二分法から逃れるために――現代におけるプライバシーや自由を考えるうえで必読の書 大谷卓史
足尾鉱毒問題を人権問題ととらえた田中正造の、地域で生活する人々を守る「在地の思想」と行動原理――日本政治史の中に田中正造の思想と行動、および足尾鉱毒問題をしっかりと位置づける 小西德應
日本社会が民主主義の成熟を示し、言いたいことが言える社会を維持・発展させていくために――言論人が健全なジャーナリズム活動を実践していくうえで不可欠の、言論の自由についての諸論考 鈴木秀美
肉食が人間とチンパンジーの脳の違いをもたらしたかもしれない――肉のうまさはベジタリアンをも肉食に走らせる 大野秀樹
ニュアンスが含む示唆――「傲慢な=推定的な行動」こそが「フィクション」を不可避に巻き込んだ「技術的創造」の秘密である 近藤和敬
他者に開かれた〈身体〉――いったいいしいみちこは何者なのか 嶋田直哉
我が国の本格的なインテリジェンス研究の黎明を告げる快挙――訳者の優れた力量が十分に発揮され、本書に対する意気込みが伝わってくる 川成洋
西脇詩の世界を「再発見」――西脇の生涯における「二度の大きなターニングポイント」 皆川勤
想像力と欲望を猛烈に駆り立てられる「料理本」――今までにない衝撃的な料理体験を味わうことができた 泉ゆたか
「マジック」を再検討し、近代的発想法と対峙させながら定位しなおす――学問と非学問、宗教と呪術等の「分断」を乗り越えようとする 土屋博
設えやギミックで物語を切ってはいけない――冷凍睡眠やタイムトラヴェルといった括りでは整理できない深み 浅見克彦
ある女子中学生の自殺が残したもの――韓国ヤングアダルト小説の現住所 渡辺直紀








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 ユーカリの木の蔭で
(北村薫)
2位 皆川博子長篇
推理コレクション2
(日下三蔵編)
3位 猫を棄てる
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 MASK
PATTERN
BOOK
2位 還暦からの底力
(出口治明)
3位 宿無し弘文
(柳田由紀子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約