書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「音楽」を懐にあたためること――ジョン・ケージと録音物をめぐる矛盾を考察する 渡邊未帆
「ゲットー」の謎に挑む――語源について斬新な仮説を提示 藤内哲也
正史には書かれない、庶民の歴史――ヤミ市は日本の戦後復興の担い手だった 堀江朋子
「人間」と「土地」の写真家・奈良原一高――写真を問い詰めていく長い旅が匂い立ち、きわめて緻密な文章で、いっさいの無駄を感じさせない巧みさに息を呑む 増田幸弘
日中韓の豊饒な昔話の世界に接する――最も共同体に関わる物語が、微妙な差異を生起させている 村木哲
九鬼周造の「ことば」の哲学――日本哲学研究の第一人者が主要著作を読み解く 寄川条路
一日一組限定の、いつもシアワセ気分にさせてくれる赤坂のフレンチ「FOND」――コンタドールが最高の状態で飲めるレストラン 大野秀樹
「途上」こそが信仰のありようなのではないか――サンティアゴ徒歩巡礼を「途上」という様態として捉える 梶葉子
俯瞰の愛――ウニー・ルコント監督『めぐりあう日』 睡蓮みどり
芸術論を超える芸術論の構築を目指す――他で聞いたことのない魅力的な切り口の論考 宮田徹也
時代の思想への鋭い問いとなりうる市民的公共性の視点――改憲が「公共」を市民からますます遠ざけようとする今こそ熟読されるべき書 植村秀樹
真実は常に薮の中――因果関係では説明できない不条理な世界 増本浩子
ショートスパンの思考を抜け出す――ロングタームで解釈しなおす行為の連続という人文学の使命を実践 山田雄三
語り部たちが発する流転の物語――イタリアのアルバニア系作家が描く「移動する人々」 土肥秀行
日米核同盟の源流を問い直す――「原子力平和利用」の呪縛を解く書 新庄孝幸
ヴィクトリア時代の人情味あふれる好短編集――人生の深淵を浮き彫りにさせている 立石弘道
『資本論』のパラドックス――それは資本のパラダイスを脅かすのか? 佐藤淳二
排他的な移民排除とポピュリズムの背景――「再国民化」現象を読み解く論文集 髙橋和
フェティシズムとは、人間の肉体をめぐる修辞学的欲望の総体――まさに博物誌的といっていい博覧強記が本書の真骨頂 谷川渥
労働者の子とスィンティ少女がくりひろげるベルリンの冒険譚――旧東ドイツでベストセラーの児童文学がついに邦訳 川上登








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約