書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


カルチャー・オンザ・ウェッジ
焦点を立候補者個人に当てることで原監督らしい作品に――原一男監督の最新ドキュメンタリー映画『れいわ一揆』 伊達政保
明るい闘争を次に伝えるだけではなく、明るく闘争を続けることも重要だ――『続・全共闘白書』(情況出版)と中村桂子著『学生たちの牧歌 1967‐1968』(幻戯書房) 伊達政保
歴史改変SFの手法を駆使した著者得意の警察小説――佐々木譲著『抵抗都市』(集英社・本体二〇〇〇円) 伊達政保
錦糸町河内音頭に携わった36年の蓄積を基にした書き下ろし――鷲巣功著『河内音頭』(ele‐king Books・本体三〇〇〇円) 伊達政保
「関ナマ」労働運動の評伝と映画――平林猛著『評伝 棘男――労働界のレジェンド武建一』(展望社・本体二〇〇〇円) 伊達政保
日本も日本人も基本的に55年前と変わっていないことを示した――NHKスペシャル『東京ブラックホールⅡ‐‐破壊と創造の1964年』 伊達政保
みな各音楽の最前線を現在も突っ走っている――渋さ知らズが結成30周年、頭脳警察と山下洋輔トリオが結成50周年の記念ライブやコンサート 伊達政保
日韓関係が緊張度を増す中、この題材を真っ向からぶつける上演はさすが――新宿梁山泊公演『烈々と燃え散りしあの花かんざしよ』(作・シライケイタ、演出・金守珍) 伊達政保
芸能で沖縄の現在を撃つ試み、ここは沖縄なのだ――沖縄で7月「風車の便り~戦場ぬ止み音楽祭 2019」が開催 伊達政保
芸能によって沖縄の現在を撃つ――5月31日、上野水上音楽堂で「風車(カジマヤ)の便り~戦場(イクサバ)ぬ止(トド)み音楽祭」 伊達政保
戦災孤児と混血児に焦点を当てる――山崎洋子著『女たちのアンダーグラウンド――戦後横浜の光と闇』(亜紀書房・本体一八〇〇円) 伊達政保
最後の大瀑布のスぺクタクルは圧巻――水族館劇場の新宿・花園神社公演『Nachleben 揺れる大地』 伊達政保
メチャクチャな映画だが、現実の方がもっとメチャクチャだ――才谷遼監督『ニッポニアニッポン――フクシマ狂詩曲』 伊達政保
まさに沖縄の現在を撃つ作品――真藤順丈著『宝島』(本体一八五〇円・講談社) 伊達政保
遺された多くの脚本を上演し続けて欲しい――月蝕歌劇団・代表・脚本・演出の高取英による最後の作品「五瓣の椿」(原作・山本周五郎) 伊達政保
最後までライブハウスの最前線で活躍したジャズ・マン――ジャズミュージシャン、テナー・サックス奏者の片山広明が死去 伊達政保
こうした演劇を上演しないで何の演劇か――乗りに乗っている脚本家・演出家・俳優シライケイタの『恭しき娼婦』『THE DARK CITY』 伊達政保
なぜこのような青春グラフィティ映画にしてしまったんだろう――新生若松プロダクション映画製作再始動第一弾『止められるか、俺たちを』 伊達政保
子供にあたる世代から出現した、これぞ平岡正明論である 伊達政保
なんで東北がこんな目にあわなければならないのか――フランス・パリの国立東洋言語文化大学で国際学会「3・11後文学を今日的に考える」 伊達政保








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約