書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


映画はパラダイス
復興という名のシジフォスの労働――監督 ジアード・クルスーム『セメントの記憶』 殿島三紀
唄と踊りでご縁がつながる――監督 中江裕司『盆唄』 殿島三紀
“ポーランド”と発声することなく、ポーランドへ行けるか――監督・脚本 パブロ・ソラルス『家へ帰ろう』 殿島三紀
可笑しくて、やがて悲しく懐かしく……――監督 野尻克己『鈴木家の嘘』 殿島三紀
美しいけれど汚い、汚いけれど美しい――監督 シュバシシュ・ブティアニ『ガンジスに還る』 殿島三紀
「人は運命を避けようとして選んだ道でしばしば運命に出会う」――監督 サミュエル・マオズ『運命は踊る』 殿島三紀
象と旅するタイ500キロ――監督 カーステン・タン『ポップ・アイ』 殿島三紀
性差を越えたテニスの試合――監督 ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』 殿島三紀
「私たちと同じことをしていた……」――監督 クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー、オーラフ・S・ミュラー、ローラント・シュロットホーファー 殿島三紀
死に至る王を描いたスペインの鬼才――監督 アルベルト・セラ『ルイ14世の死』 殿島三紀
意外な結末が与える衝撃――監督 ファティ・アキン『女は二度決断する』 殿島三紀
アメリカが立ち止まった時代――ギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』 殿島三紀
ハッピーエンドがうれしい難民映画――アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』 殿島三紀
やがて笑える時も来る――イヴァーノ・デ・マッテオ監督『はじまりの街』 殿島三紀
マーキュリー計画を支えた3人の黒人女性数学者――セオドア・メルフィ監督『ドリーム』 殿島三紀
彼らはイカロスだったのか――代島治彦監督『三里塚のイカロス』 殿島三紀
誰も信用できない…… ブリランテ・メンドーサ監督『ローサは密告された』 殿山三紀
ドイツにだって傑作コメディ映画があるのだ!――監督・脚本 マーレン・アデ『ありがとう、トニ・エルドマン』 殿島三紀
復活する家族――監督・脚本/ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 殿島三紀
いつか来た道、いずれ行く道――監督・脚本/ダーヴィット・ジーヴェキング 『わすれな草』 殿島三紀








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 デザインの
ひきだし 36
(グラフィック社
編集部)
2位 昭和疾風録
(なべおさみ)
3位 この道
(古井由吉)
■青森■成田本店様調べ
1位 どう見える?
生きる跡アート
(高橋弘希)
2位 下町ロケット
ヤタガラス
(池井戸潤)
3位 大家さんと僕
(矢部太郎)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 樹木希林120の遺言
(樹木希林)
3位 「日本国紀」の
副読本
(百田尚樹)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約