書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


映画はパラダイス
近くで行われていようと、地球の反対側で行われていようと、人権を侵害する現代の残虐行為に対しては敏感であれ――監督 エイリーク・スヴェンソン『ホロコーストの罪人』 殿島三紀
過去を忘れる者は必ず同じ過ちを繰り返す――監督 ペテル・ベブヤク『アウシュヴィッツ・レポート』 殿島三紀
ワンテンポ早い彼女とワンテンポ遅い彼氏が出会ったら……?――監督 チェン・ユーシュン『1秒先の彼女』 殿島三紀
ほっと一息つけるフランス人情映画――監督 ピエール・ピノー『ローズメイカー 奇跡のバラ』 殿島三紀
歴史と記憶のはざまを語る――監督 代島治彦『きみが死んだあとで』 殿島三紀
路上で生き、路上で死ぬ自由――監督 クロエ・ジャオ『ノマドランド』 殿島三紀
変わりゆくチベットを描く――監督 ペマ・ツェテン『羊飼いと風船』 殿島三紀
等身大の学生たちを描いたひまわり運動の記録映画――監督 フー・ユー『私たちの青春、台湾』 殿島三紀
暗闇の中に一条の光を描き出した作品――監督ペドロ・コスタ『ヴィタリナ』 殿島三紀
少年の成長と抵抗を詩情豊かに描き出した傑作――監督ニコラウス・ライトナー『17歳のウィーン――フロイト教授 人生のレッスン』 殿島三紀
ブラジルはサンバだけじゃない――監督 アナ・ルイーザ・アゼヴェード『ぶあいそうな手紙』 殿島三紀
思春期とは熱病のようなもの?――監督ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ『その手に触れるまで』 殿島三紀
人生は美しい終末に至る……――監督 ジュリー・ベルトゥチェリ『アンティークの祝祭』 殿島三紀
人生は美しい終末に至る……――監督 ジュリー・ベルトゥチェリ『アンティークの祝祭』 殿島三紀
保管庫に眠っていた1本のフィルムがあの時代をよみがえらせた――監督 豊島圭介『三島由紀夫vs.東大全共闘 50年目の真実』 殿島三紀
『羊たちの沈黙』も『八つ墓村』もしのぐ殺人鬼――監督 ファティ・アキン『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』 殿島三紀
野生の梨は甘くない――監督 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン『読まれなかった小説』 殿島三紀
「完璧な文章は存在しない、完璧な絶望が存在しないようにね」(「風の歌を聴け」)――監督 ニテーシュ・アンジャーン『ドリーミング村上春樹』 殿島三紀
人生はささやかな幸せからできている――監督 ロジャー・メインウッド『エセルとアーネスト ふたりの物語』 殿島三紀
風景も重要な配役である―― 監督 マッテオ・ガローネ『ドッグマン』 殿島三紀








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 マチズモを削り取れ
(武田砂鉄)
2位 喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
(山下賢二)
3位 古くて素敵なクラシック・レコードたち
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 老いる意味
(森村誠一)
2位 老いの福袋
(樋口恵子)
3位 もうだまされない
新型コロナの大誤解
(西村秀一)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約