書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


科学時評
コロナウイルス感染者の再増加にさいして考えたこと――日本の「ワクチン疲れ」が気になって仕方がない 粥川準二
再びコロナウイルス感染者の激減にさいして考えたこと――マスクをせず、自由を謳歌する欧米社会は弱者を切り捨て始めているように見える。そして日本社会もそれに追随し始めているように見えることは、筆者の考えすぎなのだろうか? 粥川準二
人工合成胚は「感じる」のか、そして「考える」のか?――議論を始めるのに早すぎるということはないはずだ 粥川準二
新型コロナウイルス感染症、再び感染者増加――マスク着用は「同調圧力」なのか? 粥川準二
新型コロナ・パンデミックは、慢性的な痛みを増加させるのか?――痛みは社会的な病いなのだ 粥川準二
メディア以外の組織に属して、 「ジャーナリズム」は可能か?――「ジャーナリズム」や「ジャーナリスト」の定義や意義を考察する絶好のチャンス 粥川準二
福島の原発事故後に起こったことは、より普遍的な意味を持つ――ウクライナの多くの人々が、避難生活を強いられ、生活環境を激変させられている。何が起こるのかは、想像に難くない 粥川準二
戦争、原発事故、パンデミック、そして環境破壊――それらがビリヤードのように互いに影響しあって、解決がますます困難になっている 粥川準二
感染拡大は比較的穏やかだが、警戒を解いていいほどではない――その複雑さに耐えよ 粥川準二
コロナ禍でのキング・クリムゾン来日公演で、寺田寅彦の箴言を思い出した 粥川準二
新型コロナウイルス感染者の激減にさいして考えたこと――激減の理由についての専門家たちの見解に、決め手はない 粥川準二
小山田圭吾の「いじめ」記事問題――忘れないが、赦すことはできる 粥川準二
対話を通じたリスクコミュニケーションを学ぶ機会は奪われ続けている――今のパンデミックが終わっていないのに、次のパンデミックや災害が不安になってきた 粥川準二
オリンピックの開始に際して、「自由とは何か?」を考えさせられた――自由の意味の勘違いを促した、菅首相など政府による「矛盾したメッセージ」 粥川準二
オリンピックが加速する「矛盾したメッセージ」がもたらすことは?――ワクチンが「矛盾したメッセージ」に対して十分な免疫になるかどうかは、はなはだ心許ない 粥川準二
日本のワクチン接種は「遅れている」のか?――「日本ダメ」論は「日本スゴイ」論の裏返し 粥川準二
あなたは幸運か? 鈍感か?――チェルノブイリ事故からコロナ禍を貫く“むき出しの資本主義という社会的津波” 粥川準二
カズオ・イシグロの新作とインタビューから、二元論・二極化からの打開策を考える――「適切なアウトサイダー」と呼ばれる「特別な性質を持つ」第三者を定常的に関与させるべきだ 粥川準二
新型コロナ・パンデミックで医療が崩壊する理由、そしてそれを防ぐ方法――第四波を防ぐにはワクチンだけでは十分ではない 粥川準二
リヴァイアサンの剣=罰則は、感染拡大を制御できるのか?――剣を振りかざす側には、感染制御を阻害する可能性があるという自覚はあるのだろうか 粥川準二








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 マチズモを削り取れ
(武田砂鉄)
2位 喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
(山下賢二)
3位 古くて素敵なクラシック・レコードたち
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 老いる意味
(森村誠一)
2位 老いの福袋
(樋口恵子)
3位 もうだまされない
新型コロナの大誤解
(西村秀一)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約