書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


娯楽トンボの眼
一首を読み終えた後にくる長い溜息――笹公人著『念力レストラン』(本体二二〇〇円、春陽堂書店) 小嵐九八郎
「いま、ここ」における自己によって――多羽田敏夫著『滅亡を超えて――田中小実昌・武田泰淳・深沢七郎』(本体一八〇〇円、作品社) 小嵐九八郎
団塊以前と以後の時代の波――黒古一夫著『「団塊世代」の文学』(本体二六〇〇円、アーツアンドクラフツ) 小嵐九八郎
春樹文学が少し好きになりかけた――村上春樹著『猫を棄てる――父親について語るとき』(本体一ニ〇〇円、文藝春秋) 小嵐九八郎
新鮮にして凄まじく迫る力 小嵐九八郎
肉欲に悶えつつのせつない純愛――勝目梓著『ある殺人者の回想』(本体七八〇円、講談社文庫) 小嵐九八郎
壊れる寸前の切なさ――芥川龍之介著『歯車』(本体四二〇円、岩波文庫) 小嵐九八郎
詩の拡がりと集中の自覚――浅沼璞句集『塗中録』(本体一五〇〇円、左右社) 小嵐九八郎
女性への実に誠実な眼差し――坂爪真吾著『性風俗シングルマザー――地方都市における女性と子どもの貧困』(本体八八〇円、集英社新書) 小嵐九八郎
破綻と崩壊寸前の地球――パブロ・セルヴィーニュ他著『崩壊学――人類が直面している脅威の実態』(鳥取絹子訳、本体二〇〇〇円、草思社) 小嵐九八郎
今に生きる絶大な凄みを説き明かす――水原紫苑著『春日井建』(本体一三〇〇円、笠間書院) 小嵐九八郎
読後五日しても、なお、吐息 小嵐九八郎
多くの人の胸へと――祈る――水谷文子著『どなた』(本体二六〇〇円、角川書店) 小嵐九八郎
喋り語でしかできない発想、仰天さ――穂村弘著『水中翼船炎上中』(本体二三〇〇円、講談社) 小嵐九八郎
滅びを前にしての切実な願い――島田雅彦著『人類最年長』(本体一八五〇円、文藝春秋) 小嵐九八郎
詩を作る人や小説を書く人には刺激的――加藤正人著『凪待ち』(本体一七〇〇円、キノブックス) 小嵐九八郎
契機と醇化が重い 小嵐九八郎
文句なしに「読まにゃ損」の中身 小嵐九八郎
社会と風俗に迫る力には吐息が出る 小嵐九八郎
精神病に苦しむ人人の歴史――原義和編著『消された精神障害者――「私宅監置」の闇を照らす犠牲者の眼差し』(本体一五〇〇円、高文研) 小嵐九八郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約