書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆柄谷行人(聞き手・小嵐九八郎)
60年安保から全共闘へ──国家やネーションにこだわる運動がなくていいのか
No.2869 ・ 2008年05月17日




 世界的に学生運動・大衆運動が高揚した一九六八年から今年は四〇年目を数える。日本の六〇年安保闘争から六八~六九年の全共闘運動への歴史を振り返り、その運動の姿と意味をさまざまな方たちに語っていただき、多様な視座から検証してみたい。このことは、過去への回想にとどまらず、侵略と戦争、貧困と格差、環境破壊、文化・イデオロギーの危機が進む現在と未来を考える上で、示唆を与えるものとなるのではないか。前の世代から次の世代へと引き継いでいくものも見えてくるのではないか。文芸批評家・思想家の柄谷行人氏が、六〇年と七〇年の運動の検証、学生時代の生活、国家とネーションと資本、近代文学の意味、歴史と反復の論理、帝国主義と世界共和国、マルクス主義と世界宗教など多岐にわたって数時間に及んで縦横に語った。本紙面では、そのうち六〇年・七〇年論の部分を紹介します。聞き手は作家の小嵐九八郎氏。
(インタビュー日・3月26日、東京都多摩市にて。編集部)

六〇年安保闘争には近代日本のあらゆる問題が出てきた

小嵐 柄谷さんにお聞きしたいことは、まずは、大学を出て大学院に行かれ、『群像』の新人文学賞をとられて、いろいろあったと思うんですが、六〇年安保の運動と七〇年前後の運動の同一性と違いということです。今から四〇年...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約