書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆O
戦後日本が直面する課題を学問的に担った歴史学──政府の対米従属と右傾化、保守化に抗して「民族」「国民」「大衆」「民衆」の歴史を追究した歩み
イコンの崩壊まで──「戦後歴史学」と運動史研究
須田努
No.2879 ・ 2008年07月26日




 「戦後歴史学」の史学史は、戦後の歴史的背景ぬきには考えられない。とりわけ、歴史学の社会的責任を強く意識し、現実の社会的変革や運動史と密接な関係をもちながら、学問の課題を担い続けたゆえに、なおさらそうだった。それは、歴史学とは何かという問いとも、切り離せないものだった。
 「戦後歴史学」を問うことは、ひいては戦後史を跡づける作業ともなる。『イコンの崩壊まで――「戦後歴史学」と運動史研究』は、こうした歴史学の成り立ちから、その展開と岐路、そしてタイトルのごとく「イコンの崩壊」までをたどった一書である。
 「戦後歴史学」は、その草創期において戦後の「逆コース」、そして冷戦との対峙を迫られた。いや、むしろこの誕生をめぐる時代状況は、「戦後歴史学」を「戦後歴史学」にした、といえる。つまり学問は、日本が直面する課題を学問的に担いながら、その歩みを始めたのである。
 反共政策の強まりとレッドパージ、さらに朝鮮戦争勃発という一九五〇年前後の時代状況は、他方でコミンフォルムによる日本共産党批判で決定的な転機を迎えた。GHQを「解放軍」と規定してきた共産党の平和革命路線が、ソ連によって根底的に批判され、主流派の「所感派」は武装闘争路線に突入した。アメリカは民主化をもたらした「解放軍」から、帝国主...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約