書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆名取弘文
われわれは、世界は、どこに行くのか──ジェニファー・バイチウォル監督『いま ここにある風景』
いま ここにある風景
ジェニファー・バイチウォル監督
No.2879 ・ 2008年07月26日




 スクリーンに工場の作業台が写ります。キャメラは左に横移動するのですが、どの作業台でも労働者たちは黙々と自分に与えられた仕事をしています。この巨大な工場は全体が広い一つ部屋なのです。何の説明もしないままキャメラは横移動していきます。スクリーンに写し出される労働者を見ている私の脳裡には単純労働、強制労働、疎外といった言葉が浮かんだり、中国=世界の工場、安い人件費といった図式が浮かんだりします。
 この工場の写真を撮ったのはエドワード・バーティンスキーであり、マニュファクチャード・ランドスケープ「チャイナ」に一連の作品が収められています。バーティンスキーの写真を解説するかのようにムーヴィー・キャメラを廻しているのが監督ジェニファー・バイチウォルです。
 工場内の道路に黄色の作業服を着た人たちがぞろぞろと集まって来ます。彼らは四、五十人のグループに分かれ、班長らしい男が訓示しています。「不良品にシールをつけず、良い物と不良品が混ざってしまう。納品のときオレは恥をかく」と怒っている班長もいます。でも、あの非人間的な単純労働を毎日毎日していればそういうミスも起こるだろうと私は労働者に同情してしまいます。このようすを撮ったときのバーティンスキーとバイチウォルのやり取りが映画の音声に入って...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約