書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆平野啓一郎
生きようとする人間の力――入念な叡智のかたちを手触りとともに実感させる:M・エリアーデ『迷宮の試煉』を読む
迷宮の試煉――エリアーデ自らを語る
ミルチャ・エリアーデ著、クロード=アンリ・ロケ聞き手、住谷春也訳 
No.2918 ・ 2009年05月23日




 ミルチャ・エリアーデの圧倒的な影響の下、『日蝕』という小説を書いてデビューした私は、それから10年を経て、彼の言葉で言うならば、徹底して「脱聖化」された、「歴史のテロル」としての〈悪〉と向き合うつもりで、『決壊』という作品を発表した。
 この小説のために私が採用したアプローチは極めてストイックなもので、その倫理的な必然を今でも信じてはいるが、他方で、作家としての自分の中に、イマジネーションの領域への飢餓感が膨らんでいたことも強く感じていて、昨年、映画『コッポラの胡蝶の夢』(原作『若さなき若さ』)を見た頃から、またエリアーデを読み返したいという気持ちになっていた。
 丁度そんな折に、未読だった本書『迷宮の試煉』の翻訳が刊行されることとなり、私は机に囓りついて夢中でページを捲り、偉大な魂との再会に、久しぶりに心底感動した。読書というのは、やっぱりこうでなければとつくづく思う。
 個人的な思い入れはさておき、昨年来の「未曾有の経済危機」下で読むエリアーデの思想は、殺伐としたこの世界に、力強い、晴れやかな希望の光を投げかけているように感じられた。誰か、この金融危機をジョルジュ・バタイユの〈蕩尽〉という概念で説明した人がいるのかどうかしらないが、エリアーデに語らせれば、世界はまさにイ...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約