書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆大谷恭子 (聞き手・小嵐九八郎)
政治少女から人権派弁護士へ――大谷恭子氏(元早大ブント・弁護士)に聞く 60年代・70年代を検証する
No.2933 ・ 2009年09月12日




 約40年前の全共闘運動は、全国学園での学生の運動であったが、日本社会の差別問題、マイノリティー問題をめぐる社会運動とも重なっていた。当時の運動がやり残した課題を、その後の人生の中で引き継いで取り組んでいる人は少なくない。弁護士の大谷恭子氏は、障害児、HIV感染症者、精神障害者、アイヌ民族、在日韓国・朝鮮人、被差別部落民、ホームレス、異なった宗教の人々、性的マイノリティーの人々、そして女性たちと向き合いながら、粘り強く差別と偏見と闘っている。また死刑判決、重刑判決のケースの弁護活動に携わってきた。大谷氏に、若い時代の体験と現在の思いを語っていただいた。(インタビュー日は7月4日。東京都北区十条にて。)
(聞き手・小嵐九八郎)

大谷恭子(おおたに・きょうこ)氏=1950年生まれ。高校時代にベトナム反戦運動を体験。69年、早稲田大学法学部に入学、すぐに学生運動を開始。78年、弁護士登録。連合赤軍事件、永山則夫の弁護にあたった。三里塚反対同盟農民の小泉よねさんの行政訴訟にかかわった。障害児の自主登校裁判、アイヌ肖像権裁判などマイノリティーの人権を擁護する弁護士として活躍。地下鉄サリン事件など困難な事件の裁判にも携わった。現在、元日本赤軍の重信房子氏の裁判の弁護人であるとともに、沖...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約