書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆二木啓孝(聞き手・小嵐九八郎)
ジャーナリストの原点は学生運動に――二木啓孝氏に聞く 60年代・70年代を検証する
No.2937 ・ 2009年10月17日




 シリーズ「60年代・70年代を検証する」も回を重ねてご好評をいただいている。本シリーズは、あの時代の学生運動や労働運動や社会運動の当事者が、時を経て現場からの証言をするのを特色にしている。他にも多くの出版社の企画によって1968年論、全共闘論が出されていることとあわせて、改めて歴史が発掘され、つくられてきているのではないだろうか。今後とも、読者の皆さまからのご批評、ご要望をお願いいたします。
 今回は、ジャーナリストの二木啓孝氏に小嵐九八郎氏が迫った。二木氏は、明治大学の学生時代に新左翼系の学生運動に参加し、その後、ジャーナリストとして新聞、テレビ、ラジオで活躍されている(編集部)。

▲二木啓孝(ふたつき・ひろたか)氏=1949年生まれ。福岡の高校生の時に、三派全学連の米原子力空母エンタープライズ佐世保寄港阻止闘争に触発される。69年明治大学入学と同時に学生運動に参加。明大学生会館闘争や三里塚現地常駐を経験。『情況』編集に携わる。78年、週刊ポストの専属フリーライターになり、83年日刊ゲンダイ編集部に移る。鈴木宗男、オウム真理教、神戸連続児童殺傷事件、ロス疑惑三浦和義などの取材で名を馳せた。日刊ゲンダイ退社後もフリーのジャーナリストとして活躍。現在はBS11取締役、編成・...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 ユーカリの木の蔭で
    (北村薫)
    2位 皆川博子長篇
    推理コレクション2
    (日下三蔵編)
    3位 猫を棄てる
    (村上春樹)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 MASK
    PATTERN
    BOOK
    2位 還暦からの底力
    (出口治明)
    3位 宿無し弘文
    (柳田由紀子)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約