書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆近藤耕人
文学・哲学に底流する同性愛の美学によって創作の秘密が壮大に解き明かされる――プルーストによって導かれた魅惑的な読書案内が言葉遊びのユーモアを交えて語られる
プルースト逍遥 世界文学シュンポシオン
室井光広
五柳書院
No.2945 ・ 2009年12月12日




 日本のプルースト学者はフランスの学者に伍して文献学的業績を上げているが、語学者、作家、批評家でもある著者のこの書は、プルーストの魅力に発する該博な読書遍歴――それを室井氏は「逍遥[称揚・慫慂]」と呼ぶが――の語りであって、その過程で星座の如くつながる大作家、哲学者から同性愛的光を『失われた時を求めて』の深層に当て、そこに隠された真実を浮かび上がらせながら、プラトンに始まり、文学、哲学に底流する同性愛の美学によって創作の秘密を解き明かそうという壮大な試みである。
 室井氏が芥川賞を受賞して間もない頃、日本英文学会全国大会で北アイルランドのノーベル賞詩人、シェイマス・ヒーニーのシンポジウムの発表者の一人になったことがあった。氏はときどき会津の実家に帰り,一人で畑を守る母親を手伝って雑草を抜き、野菜を収穫しながら土に触れる手の感触のリアリティについて語った。それを聞いたある大学教授が,ここは真面目に研究した人が発表する場で、なんでそんな不真面目な話をしにきたのかと噛みついた。そこで私は立って、ヒーニーは泥炭を掘って掘って掘り抜いた素晴らしい詩を書いたのだと反駁し、室井氏を支持したことがあった。
 プルーストは知性よりも本能に王冠を授けたことを認めたが,室井氏自身は作家的本能よりも語学...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約