書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆米田綱路
福原進監督『太陽と月と』
No.2959 ・ 2010年03月27日




 人権をめぐる思想家たちの格闘がそうであったように、日本国憲法制定の制定過程にはドラマティックな歴史的要素が詰まっている。福原進監督の映画『太陽と月と』は、そんな憲法に秘められた思想的系譜を掘り起こし、現代に浮かび上がらせるドキュメンタリーだ。明治期の自由民権運動から説き起こし、千葉卓三郎や植木枝盛ら民権家たちの草案が、日本国憲法の各条文に結晶化されていることを鮮やかにえがいている。
 福原監督と峯岸和生プロデューサーが力を合わせ、制作実行委員会を設立し、資金調達の困難を乗り越えて完成にこぎつけた。落語家で、映画監督や舞台演出家としても活躍する立川志らくが映画のナビゲーターをつとめ、豊富な資料解説の合間に一席をもうけて、観る者を飽きさせない。さらに、憲法制定に至る知的な営為を膨大な資料渉猟によって跡づけた『日本国憲法制定の系譜』(既刊Ⅰ~Ⅲ、日本評論社)で知られる原秀成氏が総監修を務め、資料的にも深みのある映像に仕上がっている。
 福原監督たちが映画製作を思い立ったのは二〇〇六年、「戦後レジーム」からの脱却を唱えて憲法改正をねらった安倍政権の発足前夜のことだった。歴史認識が弱まる現代の日本社会にあって、どのような制定過程をへて憲法ができあがったのか、その背景を伝えることは喫緊の...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約