書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆鎌田慧
自立のしぶきを浴びる――普天間基地の辺野古への押しつけに抵抗するルポ: 沖縄特集 鎌田慧氏に聞く『沖縄――希望と抵抗の島』
沖縄――抵抗と希望の島
鎌田慧
No.2970 ・ 2010年06月19日




ルポライターの鎌田慧氏の『沖縄――抵抗と希望の島』(七つ森書館)が刊行された。一九七五年の沖縄海洋博の開催前後から、名護・辺野古沖で続けられる普天間移設基地の建設反対運動、そして稲嶺進名護市長当選に至るまで、三五年にわたって沖縄で取材を続けてきた鎌田氏のルポルタージュ集成である。鳩山政権による普天間基地移設問題が焦点化するなか、本書をめぐって鎌田氏に話をうかがった。(5月12日、東京・日比谷にて。聞き手・米田綱路〔本紙編集〕)

▲鎌田慧(かまた・さとし)氏=1938年生まれ。ルポルタージュ作家。主な著書に『鎌田慧の記録』全6巻、『日本列島を往く』全6巻、『ドキュメント屠場』『反骨のジャーナリスト』『大杉栄 自由への疾走』『痛憤の現場を歩く』ほか多数。
 
沖縄・自立の思想の系譜
 ――『沖縄』の冒頭で鎌田さんは、岸本建男元名護市長の「逆・格差論」にふれられています。所得の大きさは幸福の大きさとは比例しないという、沖縄の自立の思想の一つですが、沖縄にはこうした思想的系譜があるように思います。鎌田さんが取材された一九七五年頃にも、沖縄で自立の思想が議論されていたと書かれていますね。
鎌田 自立の思想で思い出すのは、金武湾のCTS(石油備蓄基地)反対闘争の中心にいた「金武湾を守る会」...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 デザインのひきだし41
    (グラフィック社編集部編)
    2位 秋吉久美子 調書
    (秋吉久美子/樋口尚文)
    3位 アリスに驚け
    (高山宏)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 少年と犬
    (馳星周)
    2位 捨てられる銀行4 消えた銀行員
    (橋本卓典)
    3位 政治家の覚悟
    (菅義偉)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約