書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆矢口進也
1000社が出展、会場は様変わり――熱気にあふれた「デジタルパブリッシングフェア」
No.2976 ・ 2010年07月31日




 出展社が1000社に達したという。会場に入っての印象は「ずいぶん詰まっている」ということだった。空きスペースがほとんどない。「洋書バーゲン」コーナーもずいぶん小さくなった。今年のテーマ国となったサウジアラビア王国には広いスペースが用意されたが、他のブースはあまり大きくない。だから何か説明をしているところでは人が停滞し、通れなくなったり、混雑した。
 物理的にも収容しきれなくなった分を、ホール外の広場を使ってブースを構成した。これはもう限界である。次回は何とかしないと無理ではないかと感じた。広場の会場で半分を児童書フェアに使ったのは賢明だったと思う。これで主会場の混雑をいくらか緩和できたのではないか。
 7月8日の開場後、10時半から会議棟で基調講演、ノンフィクション作家・佐野眞一氏の「グーテンベルクの時代は終わったのか」があった。今年のフェアで最も関心を呼んでいる電子書籍の時代が、私たちにもたらすものは何か、という話である。電子本を読む端末機を実際に操作してみて、特に違和感はなかったものの利便性も感じなかったが、ただ、文字を拡大できることはよいと思った、という。「青空文庫」の試みを最後に挙げ、著作権フリーになった作品を電子化した業績を讃えていた。佐野氏は悲観でも楽観でもない...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 私のイラストレーション史
    (南伸坊)
    2位 デザインのひきだし 37
    (グラフィック社編集部編)
    3位 天皇陛下にささぐる言葉
    (坂口安吾)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 SWITCH VOL.37 NO.6
    平野歩夢 二十歳の地図
     
    3位 そして、バトンは渡された
    (瀬尾まいこ)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約