書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆小池滋
鉄道は文化の一部である――『世界の鉄道史』? いえいえ、『鉄道の世界史』です。小池滋氏に聞く、『鉄道の世界史』
鉄道の世界史
小池滋/青木栄一/和久田康雄
日本の鉄道をつくった人たち
小池滋/青木栄一/和久田康雄
世界の駅・日本の駅
小池滋/青木栄一/和久田康雄
No.2983 ・ 2010年09月25日




幾度目かの鉄道ブームが起こっている昨今、鉄道ファンを指す「鉄ちゃん」ということばもすっかり世間で認知され、幅広い層で鉄道への関心が高まっている。そんな中、『鉄道の世界史』を皮切りに悠書館より刊行された鉄道書のシリーズについて、編者の一人である小池滋氏にお話を伺った。(インタビュー日・7月29日、東京・吉祥寺にて〔鎗田淳・本紙編集〕)

▼小池滋(こいけ・しげる)氏=1931年生まれ。東京都立大学教授、東京女子大学教授を歴任。専門の英文学関係の著書・邦訳書の他、毎日出版文化賞を受賞した『英国鉄道物語』など鉄道関係の著作・邦訳書も多数。

●英文学から鉄道へ?
 ――このたび小池先生と他二名の編者が中心となり、世界およそ50ヵ国を網羅した『鉄道の世界史』という大著をはじめとした鉄道書のシリーズが刊行されました。チャールズ・ディケンズの研究、翻訳、あるいは『シャーロック・ホームズ全集』の監訳など、小池先生は英文学の分野では知らぬ人がいないほどの第一人者でおられます。その小池先生が英文学から鉄道へと研究テーマを広げていったのはなぜだったのでしょうか。
小池 むしろ逆なんです。私はもともと鉄道が好きでね、だからこそ英文学に興味を持ったんですよ。いわゆる「鉄ちゃん」でしたから。私は昭和6年生...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約