書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆瀬々敬久 (聞き手・平沢 剛)
「世界の秘密に触れる」ための映画――境界なんかないんだ、ぶち壊したらいいんだ 瀬々敬久監督インタビュー
ヘヴンズストーリー
瀬々敬久
No.2984 ・ 2010年10月02日




 四時間半を超える大作、瀬々敬久監督の『ヘヴンズ ストーリー』が間もなく公開される。これを機に、瀬々監督に語っていただいた。聞き手は映画研究者の平沢剛氏にお願いした。(インタビュー日・9月10日、東京・渋谷ユーロスペースにて。〔須藤巧・本紙編集〕)

●ノーボーダーの世の中、
映画界にしたかった
 ――最初にこの映画を作られた契機から伺えますか?
瀬々 二〇〇六年から準備し始めたんですが、大きな動機のひとつに自主制作映画をつくろうと思ったんです。ピンク映画からぼくは始めていますが、その当時は今よりもっと、ピンク映画は一般の映画の一つ下のものだと思われていました。しかしその中でぼくらは、ピンクだって一般映画と変わらないんだ、そこにボーダーはないんだ、ボーダーレスで行こうという感じで挑もうとしてやっていました。例えば海外の映画祭に出品した後でユーロスペースで凱旋上映会をやるとか。ピンク映画も一般映画と同じように面白いんだ、全然負けていないんだと。しかし二〇〇〇年くらいになって、結局自分たちは単館映画館ブームと海外映画祭ブームに乗っただけではないのか、という忸怩たる思いがありました。やがてアート系映画館が右肩下がりになって、現在の状況として、自分もやっていますがテレビ局主導の大型予算...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 ユーカリの木の蔭で
    (北村薫)
    2位 皆川博子長篇
    推理コレクション2
    (日下三蔵編)
    3位 猫を棄てる
    (村上春樹)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 MASK
    PATTERN
    BOOK
    2位 還暦からの底力
    (出口治明)
    3位 宿無し弘文
    (柳田由紀子)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約