書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆佐藤良明×柴田元幸
笑って読めるピンチョン――対談・佐藤良明×柴田元幸 「トマス・ピンチョン全小説」刊行によせて
メイスン&ディクスン 上・下
トマス・ピンチョン著、柴田元幸訳
No.2974 ・ 2010年07月17日




 ポスト・モダン小説のトップランナーとも称されるアメリカの作家、トマス・ピンチョンの全小説集が、新潮社より刊行開始となった。当シリーズのスタートを飾る『メイスン&ディクスン』の翻訳を手がけた柴田元幸氏と、シリーズ全八タイトル中六篇の翻訳にかかわっている佐藤良明氏に対談していただいた。掲載にあたっては新潮社の北本壮氏に全面的なご協力をいただいた。記して感謝申し上げます。(対談日・六月十四日、新潮社にて)

▼佐藤良明(さとう・よしあき)氏=1950年生まれ。アメリカ文学研究者。トマス・ピンチョン、グレゴリー・ベイトソンなどの翻訳を手がける。著書に『ラバーソウルの弾みかた』、『ビートルズとは何だったのか』など。
▼柴田元幸(しばた・もとゆき)氏=1954年生まれ。東京大学教授。ポール・オースター、スティーヴン・ミルハウザー、リチャード・パワーズなどアメリカ現代文学の翻訳多数。著書に『愛の見切り発車『アメリカン・ナルシス』など。

●『メイスン&ディクスン』
翻訳誕生秘話
柴田 (今回発売になった)『メイスン&ディクスン』、最初は佐藤さんが訳すはずだったんですよね?
佐藤 そんなことはないよ!(笑) 原書が出たときに、柴田さんが「一緒にやろうよー」って誘ってたのは覚えているけど。あれ...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約