書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆エルヴェ・ケンプ
闘いは続く――平和でゆたかな生活を続けるために、どうやってエネルギー消費を少なくできるか
資本主義からの脱却
エルヴェ・ケンプ著、神尾賢二訳
No.3015 ・ 2011年05月28日




 フランス紙「ル・モンド」のジャーナリストで環境活動家・作家のエルヴェ・ケンプ氏が来日した。先ごろ邦訳された同氏の『資本主義からの脱却』(緑風出版)では、ポスト・チェルノブイリの脱原発についても議論を展開している。3・11フクシマの大事故を踏まえ、本書をめぐってケンプ氏に話をうかがった。通訳はフランス著作権事務所のカンタン・コリーヌ氏にお願いした。(4月21日、東京都新宿区の東京日仏学院にて。構成・米田綱路〔本紙編集〕)

●原発はデモクラティックな
選択ではない
 ――東日本大震災で福島第一原発が爆発事故を起こし、周辺地域は広範囲にわたって放射能汚染を被っています。しかし、日本のなかでこの危機に関する認識はまだまだ浅い。ドイツでは緑の党が躍進し、バーデン=ヴュルテンベルク州では同党出身の首相が誕生するなど、脱原発の動きが政治的変化につながっていますが、フランスではいかがでしょう。
ケンプ フランスでも大きな議論が起きています。私がエコロジーに取り組むきっかけとなったのはチェルノブイリ原発事故ですが、福島の事故でもチェルノブイリと同じように、放射能汚染によって広範囲で人が住めなくなり、立ち入り禁止のノーマンズランドができるでしょう。私はフランス人ですから、日本のことについて何か...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約