書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆阿部公彦
漱石はわかったふりをしなかった――いかに文学の語り方をめぐる問いが、漱石の中でなまなましく生き続けていたか
英文学者 夏目漱石
亀井俊介
No.3025 ・ 2011年08月06日




 ときに無性に評伝が読みたくなる。研究書ではなく、理論でもない、だけども小説でも、ルポルタージュでもない。良い評伝には、対象とする人物とすっかり馴染んでしまったところから出発するような、いい意味での〝訳知り顔〟の風情がある。「××氏について、いいことを教えて進ぜよう」という、まるで蔵から出してきた宝物を「むふふ」と含み笑いとともに示すような、くつろいだ語らいの姿勢が欠かせない。風呂敷をめくった下に、思いがけない発見もある。亀井俊介『英文学者 夏目漱石』はまさにそんな本だ。
 もちろん漱石で評伝をやるときは要注意である。もともとエピソードの人だ。「鏡子夫人悪妻伝説」にはじまって「砂糖がけ南京豆事件」「ロンドン発狂事件」その他ゴシップめいた噂には事欠かない。それだけに、どこかで聞いたような話になりがちなのだ。だが、本書はそのあたり、実に際どいところで〝評伝〟となっている。人物としての漱石への関心を保ちつつ、たいへん硬派な問題にも取り組んでいる。
 何しろ設定された目標は「英文学者としての漱石の再評価」。「漱石はほんとに英語が出来たのか?」といった話題についてはすでに川島幸希『英語教師 夏目漱石』(新潮社)などで綿密な検証が行なわれているが、亀井氏は「英文学」に焦点をあてることで、こ...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約