書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆大久保譲×巽孝之
「思弁小説」という賭け――メタフィクションとは、ひとつの先鋭的なイデオロギー
ダールグレン Ⅰ
サミュエル・R・ディレイニー著、大久保譲訳
ダールグレン Ⅱ
サミュエル・R・ディレイニー著、大久保譲訳
No.3035 ・ 2011年10月29日




 まるですべてを呑みこむブラックホールのような漆黒の表紙をもつ、重厚長大なS・ディレイニー著『ダールグレン』(上・下、国書刊行会)の邦訳がついに成った。この難事を成し遂げた訳者の大久保譲氏と、本書に解説を寄せている巽孝之氏にじっくりと対談してもらった。(対談日・9月28日、東京・高田馬場にて。〔須藤巧・本紙編集〕)

○現代の奇書『ダールグレン』
巽 私は一九九三年、待望の本邦初訳成ったトマス・ピンチョンの『重力の虹』(国書刊行会)に解説を寄稿しています。原著が一九七三年ですから二〇年もの間隔が空いていたわけですが、この邦訳を後押ししたのは、おそらく一九八〇年代初頭の思弁小説(スペキュラティヴ・フィクション)再評価から八〇年代中葉以降のサイバーパンク運動へ至る波でしょう。二〇世紀前半まではサイエンス・フィクション(空想科学小説)の略称だったSFが、六〇年代にJ・G・バラードらの促進するニューウェーヴ運動とともにスペキュラティヴ・フィクションとしてのSFの衣装をもまとうようになり、外宇宙ならぬ内宇宙への道を模索し始めましたが、アメリカではフィリップ・K・ディックやトマス・ディッシュとともに、『ダールグレン』(一九七五年)の著者、サミュエル・ディレイニーもその系統にくみしていまし...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約