書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆足立正生
清順スタイルの全面開示――人間は現実と異界の「迷宮」を往還し、生死の業火、強欲に焼かれて生きるのだ: 足立正生氏が語る、「鈴木清順監督 浪漫三部作」リヴァイヴァル上映
鈴木清順監督 浪漫三部作
鈴木清順
No.3048 ・ 2012年02月04日




◎映画の決定的な要素は、
想像力によるコミュニケーション
 清順さんの『肉体の門』(一九六四年)とか『春婦傳』(六五年)などを観て、癖のある映画をつくる人だと思っていた。『肉体の門』では、主演の野川由美子よりも松尾嘉代などの女優陣の色気の凄さに「この人は、エロスをとてもよくわかっている」と皆で話し合った。まだ学生だったけれど(笑)。エロ・グロについて勉強していた時代だったので、すぐに清順ファンになった。
 その後、自主制作をしたり若松孝二の脚本を書いたりしている時に、清順さんが田中陽造や大和屋竺などと共同で具流八郎の集団ペンネームで脚本家集団をつくって『妖剣』などの新作に取り組んでいるのを知った。まさに、つくりたいものに向かって突き進んでいるんだ、と思っていた。しかし、そんな集団作業が映画のかたちをとって現れることは、私が日本にいる間にはついになかった(註・足立氏は七四年にパレスチナへ渡る。二〇〇〇年、強制送還で帰国)。それはともかく、『けんかえれじい』(六六年)や、もっとハードボイルド・タッチの『殺しの烙印』(六七年)などを観ると、清順さんは、いずれにしてもその自分たちが描きたい異形の世界をきちんと表に出し始めたと思っていたら、翌六八年に清順さんは日活をクビになってしまう。 ...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 私のイラストレーション史
    (南伸坊)
    2位 デザインのひきだし 37
    (グラフィック社編集部編)
    3位 天皇陛下にささぐる言葉
    (坂口安吾)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 SWITCH VOL.37 NO.6
    平野歩夢 二十歳の地図
     
    3位 そして、バトンは渡された
    (瀬尾まいこ)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約