書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆諏訪哲史
「謡い」の思考――生のなかに死を、死のなかに生を見いだす眼が、古井由吉の筆、すなわち思考に避けがたくやどっている
蜩の声
古井由吉
No.3049 ・ 2012年02月11日




 小説とは、言語をあやうくさせるものである。言語をあやうくし、それによって生をあやうくさせる。言語を、常とは異なる見なれぬものに変え、そして、その言語にふれるすべての者の相貌を変える。こと「言語芸術」としての、本来的な意味での小説は。読む者も書く者も言語をゆさぶり、あやうくし、言語にゆさぶられ、あやうくされる。これら双方からの「批評」を小説の言語はうけとめ、両者の間でかなしく発光する。
 この、言語が帯びる「あやうさ」に対し、古井由吉ほど自覚的な作家はいない。「私は若い頃から、建築の内に破壊を見るという傾きがあった。以前の破壊を思うばかりではない。将来の解体を思うのでも、かならずしもない。建築と破壊とを同時に、同一のもののように感じる。」(「蜩の声」)
 小説という言語営為の「芸術性」に自覚的な作家ほど、「造る」いとなみの奥に「毀す」いとなみが潜むことを知悉し、その両義性に加減をしながら言葉をつむいでいる。造ると毀す、建築と破壊は、古井氏のながく扱ってきた主題に言い換えれば、「生」と「死」である。生のなかに死を、死のなかに生を見いだす眼が、古井氏の筆、すなわち思考に避けがたくやどっている。
 書く私、読む私は生者だ。言葉をつむぐ私は生者だ。しかし言葉は、我々と同じ生者であろう...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 下戸の夜
    (本の雑誌編集部下戸班編)
    2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
    (ブレイディみかこ)
    3位 東京凸凹散歩
    (大竹昭子)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 未来の地図帳
    (河合雅司)
    3位 ノーサイド・ゲーム
    (池井戸潤)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約