書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆矢部史郎
セシウム134を検出せよ――「3・12」を、「東京電力公害事件」として明確に立ち上げるために:矢部史郎氏インタビュー『3・12の思想』をめぐって
3・12の思想
矢部史郎
No.3062 ・ 2012年05月19日




 今年の三月一二日に、『3・12の思想』(以文社)という非常に挑発的なタイトルの本が出版された。世の多くが「3・11」と言っているときに、あえて「3・12」の思想なのだ、と述べた著者の矢部史郎氏に話を聞いた。(須藤巧〔本紙編集〕)

◎なぜセシウム134を
検出しなければならないか
 ――矢部さんは、昨年の三月一二日の朝に東京を離れ、その後名古屋に居を構え、放射能計測運動を開始されたということですが、まずは本書のコンセプトについてお話しいただけますか。
矢部 タイトルが『3・12の思想』で、帯文には「3・11ではない、3・12の話をしよう」と記してあるとおり、この本は「3・11」という問題設定に対する批判を含んでいて、その陰に隠されようとしている「3・12」の諸問題を扱おうとしています。この一年間、非常に多くの人々が、さまざまな活動や運動をやってきた。しかしその具体的なところを見ると、何のためにどう動くのかというところで、人々の態度が大きく二つに分かれていったんだと思います。
 ひとつは、三月一一日の地震・津波災害に対し現地に向かって救援をしよう、という方向性。そしてもうひとつは、三月一二日に起きた原発の爆発とその後の放射能の拡散に対して、自身を放射能被害からいかに守るかという...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約