書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆大竹昭子、佐々木幹郎、堀江敏幸
言葉の「あいだ」をつなぐ――瓦礫の中のレンガのような一冊:鼎談 大竹昭子×佐々木幹郎×堀江敏幸
ことばのポトラック
大竹昭子編
No.3063 ・ 2012年05月26日




 『ことばのポトラック』(春風社)が刊行された。「ポトラック」とは、「持ち寄り料理」の意味。去年の3・11以後、ライブハウス「サラヴァ東京」を舞台にして「ことばのポトラック」という朗読のイベントが開催されていた。本書はその活動記録でもある。刊行を機に、同書編者の大竹昭子氏と、本書に参加した佐々木幹郎氏、堀江敏幸氏に鼎談していただいた。(鼎談日・4月27日、東京・渋谷のサラヴァ東京事務所にて〔須藤巧・本紙編集〕)

◎「サラヴァ東京」という場で、
「ことばのポトラック」を続けたい
大竹 『ことばのポトラック』は、「活動」であり「記録」であり「作品集」であると思っています。活動の結果としての本なので、ただの「作品集」とは違うんです。第一回の「ことばのポトラック」が開かれたのは二〇一一年三月二十七日で、大震災から約二週間後のまだ余震の続いている最中でした。思いついて六日間で準備し、開催にこぎつけたのですが、佐々木さんと堀江さんはその一回目に出演下さり、一年後の第八回にも立ち会っていただきました。まず佐々木さんに伺いますが、私が出演を呼びかけたとき、なぜ受けてくれたんですか?
佐々木 去年のその日は、ぼくは浅間山の山小屋にいました。3・11以降、東京で蟄居していて、余震と放射能汚染の...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約