書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆目取真俊
沖縄と日本との溝は今が一番深く広い――日本の国会や政府はあてにできない
No.3068 ・ 2012年06月30日




 沖縄の施政権返還四〇年ということで、五・一五を前後して沖縄、ヤマトゥのメディアがいろいろな企画をやっていた。中には沖縄通を気取ったヤマトゥ文化人が偉そうにウチナンチューに説教を垂れているのもあって(花村萬月とかいう真栄原新町やコザ吉原での買春体験を自慢たらしく書いて無頼派を気取っている男など)ほとほとうんざりさせられた。ウチナンチューはいまだにお人好しが多いらしく、この手のヤマトゥンチューに愛想よくふるまう者もいるようだ。いい加減「いちゃりばちょーでー」は歌の中だけにした方がいい。
 二〇一〇年五月二八日、普天間基地の「移設」先を「キャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域」と明記した日米共同宣言が発表された。二〇〇九年九月に誕生した民主党連立政権が掲げていた「県外移設」は、完全に投げ棄てられた。その日の夕方、名護市役所の中庭では雨のなか抗議集会が開かれ、挨拶に立った名護市の稲嶺進市長は、「今日、私たちは屈辱の日を迎えた」と発言した。
 かつて沖縄では、サンフランシスコ講和条約が結ばれ、沖縄が日本から切り離された四月二八日を「屈辱の日」と呼んでいた。新たに発せられた「屈辱の日」という言葉には、五八年前のような「祖国・日本」への思いもなければ、同化を志向するナショナ...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約