書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆川崎誠
野村恭史を駁す
No.3069 ・ 2012年07月07日




『図書新聞』(2011.12.24)掲載の野村恭史「ウィトゲンシュタインのテクストの、特異な「対応」づけ ウィトゲンシュタインの「矜持」を裏切ることになるのでは?」は、拙著『言語哲学への新視角-ウィトゲンシュタインはソシュールを読んだ!-』(理想社、2011年)への書評である。否、論難である。よって以下にこれを駁す。
第一。野村曰く、拙著はウィトゲンシュタインのテキストとソシュール・ヘーゲル・マルクス等のテキストを≪思想的文脈も伝統的文脈もほぼまったく考慮せずに、いきなり「対応」づける≫が、これは≪方法論の不在≫である、云々。だが『哲学探究』の次の一節はどうか(無用の論難を避けるべく、本駁論での引用は大修館版を借用する)。
234 しかし、われわれはまた、ふだんやるように(みんなが一致する等)計算しながら、なおその各段階で、魔力に導かれているかのように規則に導かれているという感じをもち、おそらくは自分たちが一致することに驚く、といったしかたで計算することができないだろうか。(神にそうした一致を感謝しながら。)
ここで「一致することの驚き」は「神に感謝する」までに深い。「魔力に導かれているかのような一致」とは、≪文脈の考慮≫なる人知を超えて≪いきなり≫見出されよう。するとこれも≪方法論の不在≫のはず。野...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約