書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆内藤朝雄
いじめから目を逸らせたいお前へ──現行の教育制度の「あたりまえ」を疑わず、さまざまな的外れで些末な「対策」をまきちらすことは、根幹的な原因から目を逸らさせるがゆえに有害だ。
No.3077 ・ 2012年09月08日




 いじめは1980年代半ばに、いじめ自殺事件の報道ラッシュをきっかけにして、社会問題として成立した。それから現在に至るまで、数年刻みで間歇的にいじめ自殺をきっかけに報道ラッシュがおき、その祭りと祭りの間には忘れられる。忘却期にはベタ記事にもならないいじめが、マス・メディアが報道スクラムをはじめる流行期には、連日大々的に報道される。自殺した生徒に対する「かわいそう」という感情をいわば御輿のご神体にして、いじめ報道祭りが繰り返されることによって、人々はいじめを「悪」として問題視するようになった。
 さて、流行期には評論家や芸能人と呼ばれる人々による、まとはずれな「発言」が大量にばらまかれる。彼らは流行の後には忘れられるが、新たな報道ブームで流行が戻ってくると、あいかわらず同じ内容の発言を繰り返す。
 学校の生徒であろうと、旧陸軍内務班の大人であろうと、人々を外部の社会から閉ざされた治外法権の閉鎖空間に閉じ込め、強制的にベタベタせざるをえないようにさせると、閉じ込められた人々のあいだに独自の残酷な小社会の秩序が発生し、大繁殖する。そのなかで人間の尊厳を踏みにじる迫害的なできごとが頻発する。これは、古今東西どこにでもある普遍的な現象だ。それは、ある一定の条件のもとでは蔓延し、別の条件...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約