書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆熊谷達也
信じて、生きろ──開拓者たちのしたたかさや自然観から、今、何を学ぶか
光降る丘
熊谷達也
No.3088 ・ 2012年12月01日




▼生きる力とは何なのだろうか。風雨に倒れぬ肉体か、逆境に負けぬ精神か、困難をくぐり抜ける知恵か――。まさに「無」から始まった開拓村を描いた小説『光降る丘』は、生きる力が金を稼ぐ能力に集約されてしまう現代にあって、真正面からの問い直しを迫ってくるかのようだ。著者の熊谷氏に、本作そして今後の創作活動について語っていただいた。(東京・飯田橋にて。聞き手・鎗田淳〔本紙編集〕)


◎岩手・宮城内陸地震の被災地を舞台に

 ――この小説の舞台は宮城・岩手・秋田の三県にまたがる栗駒山の中腹にある開拓村です。3・11の三年前、二〇〇八年に栗駒山で起きた岩手・宮城内陸地震を題材として取り上げたのはなぜだったのでしょうか。
熊谷 「家の光」で連載小説としてスタートしたのが二〇〇九年の五月でした。その半年くらい前にどういう連載にするかの打ち合わせをしていたんです。岩手・宮城内陸地震からまだ間もない頃ですから、生々しい出来事でした。「家の光」の編集部は、この『光降る丘』のモデルになった宮城県栗原市の耕英地区も以前から取材していたようで、そこについて書かないかという提案をされました。地震災害で注目を受けていたこともありますが、耕英地区は戦後、あちこちの開拓村が開拓に失敗して消えていく中で今まで生き残った地...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約