書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆瀬戸内寂聴
寂聴さん! 一体どうなっているんですか、この国は。
No.3092 ・ 2013年01月01日




▼たとえ何もしなくても時は経ち、新しい年はやってくる。焦燥感、危機感、その果てにある諦念――。皆が「あけましておめでとう」と心から言える日はやってくるのか。答えはすぐに出なくてもいい、ただ、「本当のこと」を知りたい。そんなときに思い出したのが、法衣を着て経産省前で大飯原発再稼働反対の座り込みをしていた瀬戸内寂聴氏の姿だった。寂聴氏なら、この思いに応えてくれるかもしれない。(東京・日比谷にて。〔鎗田淳、馬渡元喜・本紙〕)

◎「九〇年生きてきて、今ほど悪い日本はない」発言について

 ――二〇一二年五月二日の経済産業省前での大飯原発再稼働に対する抗議活動に参加されて、寂聴さんはハンガーストライキというかたちで抗議をなさいました。「九〇年生きてきて、今ほど悪い日本はない」という寂聴さんの言葉に、駄目押しをされたようにショックを受けた人は少なくないのではないかと思います。
瀬戸内 それはね、何気なく書いたんだけれど、「そんなことはない。今がいい」と怒ったり、あるいはショックを受けたりする人がいるんですよね。でもね、本当に今ほど悪いときはないですよ。だって今は希望がないでしょう。このまま行けばますます悪くなる一方。私なんか、もうすぐ死ぬから構わないんですけれど(笑)、若い人やその子どもたち...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 ユーカリの木の蔭で
    (北村薫)
    2位 皆川博子長篇
    推理コレクション2
    (日下三蔵編)
    3位 猫を棄てる
    (村上春樹)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 MASK
    PATTERN
    BOOK
    2位 還暦からの底力
    (出口治明)
    3位 宿無し弘文
    (柳田由紀子)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約