書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆小嵐九八郎
例証し、分析し、純情な心で怒る
日本の気配
武田砂鉄
No.3357 ・ 2018年06月30日




■現代日本の瑣末主義というか、超管理主義というか、非寛容で反対意見や異端やミスを許さない風潮には、大老人となって感性が鈍くなっている俺なのに、かなり参る。若い頃に学生運動の延長戦で刑務所に入ったけど、ほぼそこに近い。そこでは、房内のカレンダーに入所した日を五ミリぐらいの円で印したら五日間の懲罰、映画会で看守に「スクリーンに礼っ」と号令をかけられ、クリスチャンやイスラムの信者ではないので偶像崇拝とは言わないけれど、号令を無視したら懲罰七日ほどだった。
 今の今、住まいの川崎では野宿者を許さないらしく「ここに長時間徘徊するな」の看板が駅前の散歩コースにあり、公園のベンチは仕切り板が半分のところに打ちつけて野宿者が長まることができないようにしている。
 寝るところもない人人にこの仕打ちはと暗い気分になって老人仲間に話すと「そうだよな」と解り合えるが、バイト先の学生や中年の人と話すと「自己責任」の言葉しか返ってこなくて寂寥感に襲われる。そんなところで出会ったのが武田砂鉄さんの『日本の気配』(本体1600円、晶文社)だ。『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)でドゥマゴ文学賞を貰っている人だ。こんなことを書くと武田砂鉄さんは迷惑だろうが、たぶん三十六歳のこの人の感性に当方は癒された。久し振りのことだ。
 ここの「気配」は「空気」を読むための前段階で、今や、この「気配」から、政治・メディア・個個人のコミュニケーションまで管理が進んでいるとして、具さに武田砂鉄さんは例証し、原因を分析し、純情な心で怒っている。例えば「ヘイトの萌芽」、国策のオリンピック推進で具体的に困っている人人についての「予測された混迷――ただ解体が進んだ国立競技場」。こういうのもある「鼻くそを自由にほじれない社会」、「マイナンバーを提供しません」。コミュニケーションの能力減退をスマホとパソコン漬けによる直の、生の人と人の交わりを遮断と考えていた当方は、むしろ前提としてその「能力」について考えている点でかなり反省させられた。







リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約