書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆wm
木村政彦と柔道・格闘技に対する熱い思い
木村政彦 外伝
増田俊也
No.3373 ・ 2018年11月03日




■外伝というからには正伝がある。その正伝にあたるのが『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(以下、『なぜ~』)であるが、なぜそのセンセーショナルなタイトルでなければなかったのかが本書では様々な識者との対談を通じて著者より語られる。
 著者は猪瀬直樹が記した一文から受けた衝撃を契機に『なぜ~』に結実する文章を書き始めた。

猪瀬 なんで木村政彦は生きたのか? 僕が質問に行けたってことです。つまり、検証できた。

『なぜ~』に対するある種の回答であろう。おそらく何年か後には“なぜ増田俊哉は『なぜ~』を書けたのか?”といった検証がでてくるのであろう(本稿の趣旨からはズレてしまうが、この発言は2012年のもの。のちの都知事辞任へつながる経緯を考えると因果というものに対して考えざるを得ない)。

平野啓一郎 この本に書かれている柔道の話は確かにマニアックですけれど、そこに書かれている歴史と、多くの人が信じている歴史のギャップはいったい何なのか。でも、それは“書き換える”チャンスがあるんだというのが、この本を読んで僕が感動したことのひとつですね。(P.386)

 昨今の“歴史修正主義”の跋扈を思うとこの「書き換えられる」という言い方はナイーヴすぎるかもしれない。が、作家という物を語る平野としては語り継ぐことの尊さに触れて感動したのだろう。著者の執拗ともいえる調査・取材は修正主義といったものとは無縁であるし、かの力道山戦は勝っていたのではという思いで書き進めていくうちにやはり負けたのだという事実に直面していく様が何より「語り継ぐ」ことの尊さを表している。

人間が生き続ける意味と言うか、単なる柔道やプロレスの話だけじゃなくて、人間の存在意義、生き様、死にざまがたくさん出てくる。そこに触れたかった。(P.471)

『なぜ~』にしても本書『木村政彦 外伝』にしても評者のような柔道・格闘技全般に通じてない者の心をも打つのはここだろう。木村政彦は力道山を殺さなかったし、自ら死を選ぶこともなかった。生き抜いた、生き切った。あるいは(猪瀬直樹のいうように)検証されることを待っていたのかもしれない。
『なぜ~』も700頁を超す厚く重たい一冊だったが、背負い投げをズシンと決められたかのような衝撃で、柔道・格闘技の心得のない評者のような人間をも一気に読ませる黒帯級のノンフィクションであった。本書も同様のページ数、重量級の面白さで惹きつけるが、様々な対談が収まっているので、さながら乱捕り稽古のようである。







リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約