書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆出版ニュース社代表・清田義昭氏インタビュー
[特集 出版人の証言]
出版とは何かを問い続けた雑誌が消えるまえに
No.3383 ・ 2019年01月19日




■一九四九年の創立以来、出版界の報道機関、情報と言論の場として重要な役割を果たしてきた旬刊誌『出版ニュース』が、今年の三月で休刊する。発行元の出版ニュース社は、出版界・読書界の一年間の記録を網羅した『出版年鑑』の版元だが、同書も昨年八月刊の二〇一八年版で休刊した。七〇年にわたり本の世界をウォッチし続けてきた、出版界の顔ともいえる同社の歴史が、まもなく幕を閉じる。それは、出版界が陥って久しい苦境を象徴する事件でもある。 同社代表の清田義昭氏はいま、出版物の再販売価格維持制度(再販制度)を改めて検証する必要性を説く。再販制度は、出版社が書籍や雑誌の定価を決定し、取次店が書店への配本と返品の流通、集金を担い、書店が定価販売する出版界のシステムの土台である。全国の読者に同一価格で出版物を提供してきたこの制度は、多品種少量生産を特徴とする出版の自由を支えてきた根幹をなすものだが、いま、それが崩れつつある。
 「出版とは何か」を半世紀にわたって問い続けてきた清田氏に、同社のこれまでの歩みを踏まえて話をうかがった。
(11月26日、東京・神田神保町にて。聞き手・須藤巧/米田綱路〔本紙編集〕)


■他の業界誌とは違う『出版ニュース』の位置

 ――出版ニュース社は、戦時体制下の出版統制のもとで...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 純喫茶の空間
    (難波里奈)
    2位 安倍官邸vs.NHK
    (相澤冬樹)
    3位 全身芸人
    (田崎健太ほか)
    ■青森■成田本店様調べ
    1位 どう見える?
    生きる跡アート
    (高橋弘希)
    2位 下町ロケット
    ヤタガラス
    (池井戸潤)
    3位 大家さんと僕
    (矢部太郎)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 払ってはいけない
    (荻原博子)
    2位 柳都新潟古町
    芸妓ものがたり
    (小林信也)
    3位 このミステリーがすごい! 2019年版 (『このミステリーがすごい!』編集部)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約