書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆高須次郎氏インタビュー
[特集 出版人の証言]
出版敗戦前夜、焼野原からの声――再販制度崩壊状況のなかで、出版の自由を問い続ける
出版の崩壊とアマゾン‐‐出版再販制度〈四〇年〉の攻防
高須次郎
No.3383 ・ 2019年01月19日




■緑風出版代表・日本出版者協議会相談役の高須次郎氏の『出版の崩壊とアマゾン――出版再販制度〈四〇年〉の攻防』(論創社)が刊行された。一九七一年に出版界に入った高須氏は、八二年の緑風出版創業以来、出版再販制度の擁護と、大手取次店による差別的取引条件の是正を追求し続けてきた。二〇一四年にはアマゾンへの出荷停止に踏み切り、現在に至っている。本書は、出版の自由を求めて闘い実践してきた出版人による、「出版敗戦前夜」状況の歴史的考察と分析の書である。
 出版界に未曾有の危機をもたらした原因は何か、この危機を乗り越える手立てはあるのか――。本書をめぐって、高須氏に話をうかがった。(十二月五日、東京・本郷にて。聞き手・米田綱路〔本紙編集〕)


■「出版再販制度〈四〇年〉の攻防」の発端

 ――『出版の崩壊とアマゾン』は、一九七八年の公正取引委員会の橋口委員長による出版再販制度の廃止発言に端を発した、今日までの四〇年にわたる再販制度の攻防のドキュメントでもあります。
高須 橋口発言はどうして出てきたか。出版、新聞、レコードなど著作物再販制度が適用されていた業界のなかで、公取委の狙いは出版でした。実は、それには前段があります。一九七三年のオイルショックで、ものすごいインフレがおき狂乱物価になった時に、...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 私のイラストレーション史
    (南伸坊)
    2位 デザインのひきだし 37
    (グラフィック社編集部編)
    3位 天皇陛下にささぐる言葉
    (坂口安吾)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 SWITCH VOL.37 NO.6
    平野歩夢 二十歳の地図
     
    3位 そして、バトンは渡された
    (瀬尾まいこ)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約