書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆志村有弘
父を忌み嫌いながらもそのDNAが自分に流れていることを心の奥底で願う根場至の小説(「私人」)――青年期の西行の姿を綴る奥野忠昭の歴史時代小説の力作(「せる」)。詩人たちの活躍に瞠目
No.3384 ・ 2019年01月26日




■現代小説では、根場至の「啄木のDNA」(私人第96号)。「私」は死んだ父を憎んでいた。母に暴力を振るい、母の姉との許せない関係……。父が造った山小屋にあった石川啄木の歌集に、父は気に入った歌に丸印を付けていた。「私」は父との共通点があることを恐れながら、父の付けた印が見えないようにして、印を付けていった。その結果『一握の砂』では六首、『悲しき玩具』では共通のものは一首もなかった。好む歌の基準を下げ、再び印を付けてみたが、結果はそう変わらなかった。父のDNAの受け継ぎを否定しながら、父と共通の好きな歌を探そうしたのは、「父から引き継いだ感性」が自分の内に「養われている」のを「確かめたかったのではないか」と思う。これが作品の梗概。心の奥底に潜む父への思い。佳作。
 波佐間義之の「スモモ」(九州文學第567号)は、少年時代から好感を抱いていた一つ年下のヒロちゃんとの別れを綴る。「ぼく」は陸上競技の力で就職できたけれど、壁にぶつかり、ヒロちゃんへの思いがつのる。だが、ヒロちゃんの誤解であるのか、旧友トシオの策謀であるのか、ふたりは離れてしまう。ヒロちゃんとトシオの結婚という残酷な結末。「ぼく」の心に残る「甘酸っぱ」さと「顔を顰めてしまいたくなる」憎悪の交錯。青少年時の恋の苦さ。読ませる作品である。
 現代犯罪を代表する詐欺事件を扱う作品が多い。木下径子の短編「詐欺に遭う」(街道第32号)は、銀行協会の者という人物にカードを渡し、預金を引き落とされた話。暗証番号を知られていた不気味さ。男は捕縛されたけれど、警察は犯人が暗証番号を知り得た理由を教えてくれない。「わたし」の心には不愉快なもどかしさが残ったことだろう。詐欺の恐怖を考えさせられる作品だ。山口道子の「島崎商店」(南風第44号)も詐欺事件を扱う。煙草・菓子等を売る島崎商店のおばさんが詐欺に遭った。犯人は孫の友人で、女友達が事故を起こした車の修理代をなんとかしたいと思ったのだという。これまで交流のない広美(作品の語り手)にバス代を貸し、孫の友人を信じて五十万円を渡してしまうおばさん。孫の友人は根っからの悪人ではないが、罪を犯した瞬間、その人は悪の烙印を押される。広美の情報が詐欺グループの名簿に記されていた不気味さも看過できない。平易な文体で作品を展開させる技倆が見事。
 吉田慈平の「鬼の住む世界」(風の道第10号)の主人公である鬼は何かのはずみで人間世界に堕ちたらしい。作者は丁寧な文章で、人間世界に棲むものたちの醜さ、したたかさを描こうとする。地獄という言葉を聞いて懐かしく思う鬼が可愛らしくさえ見える。
 歴史時代小説では奥野忠昭の中篇「世に背く――西行出家遁世秘録」(せる第109号)が力作。十六歳から二十三歳(出家時)までの佐藤義清(西行)の純朴な風貌がよく描かれている。藤原秀郷の亡霊が登場するように「内容はすべてフィクション」というが、『山家集』をはじめ、中古・中世の歌人の歌集を随所に引き、義清の言動を素直な文体で綴る。待賢門院と義清ふたりの交流の姿も美しく描かれ、行尊・西念など仏教世界の人、賀茂一族の陰陽師の登場も作品に厚みを与えている。
 「どうだん」は、昨年、通巻八五二号を重ねた。どうだん短歌社が始まったのは発行人清水都美子(創刊者清水千代三女)が小学三年のとき。「坂道を車を押して登り行く年毎にこの坂きつくなりたり」という年輪を示す都美子の歌。同人誌は続けることが肝要だ。「虫のくせに優雅な名をもつしらが大夫栗の大樹を音たてて食む」と、軽妙な歌を詠む編集人吉岡迪子の努力も称賛に価する。
 麻生直子が詩集『端境の海』で、北海道新聞文学賞(詩部門)を受賞した。麻生は主宰する詩誌「潮流詩派」で人の世の悲しみや苦衷を歌い続けてきた。詩誌といえば、「コールサック」も文学を通して〈平和〉を願い、世の中の不条理を訴え続けている。同誌第96号掲載鈴木正一の詩「君の名は…」は、「私は、原発事故の被災者」といい、「避難指示が解除(2017・3・31)されたにもかかわらず、除染が不充分で帰還できずに居る」と述べ、〈原発事故〉A君・〈被災者〉B君・私の三人の〈核災棄民〉の苦悶が示される。堀越茉莉子は詩「慰問袋」(祷第57号)で、戦争で散った若者たちに思いを馳せ、医学を学ぶ孫とその友人へ「心身を病む人々へ/治療の慰問袋を手渡して行くよう/エールを送る」と書き、「祷」主宰の池田暎子は詩「約束」で、B29の空襲に怯えて浜辺へ逃れたのは七歳の時といい、「そのようなことが起こらないように/その日が穏やかな秋の日であるように」と祈る。詩人の優しさ、美しさ。ともあれ詩人たちの活躍・活動に瞠目。
 「風舎」(KAZEYADO)が創刊された。同人諸氏の活躍をお祈りしたい。「八月の群れ」第67号が夏森修平、「八雁」第42号が井上房子の追悼号。ご冥福をお祈りしたい。(相模女子大学名誉教授)







リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約